« 【AWS Database Blog】Amazon Elasticsearch Service をはじめよう: インスタンス数の見積もり方法 | メイン | 【AWS Compute Blog】LambdaとMXnetを利用したシームレスにスケールする予測 »

AWS Black Belt Online Seminar「AWS Storage Gateway」資料およびQA公開

みなさま、こんばんは。ソリューションアーキテクト小川です。

本日開催したBlackBeltオンラインセミナー「AWS Storage Gateway」の資料が早速公開されております。みなさまから頂いたご質問の回答も早々にまとめて貰いましたので、併せて紹介させて頂きます。 

 
【Q&A】
Q1.ファイルゲートウェイでは、同一バケット(エンドポイント)を複数拠点すなわち、複数の VMWare アプライアンスで操作可能でしょうか?
A1.セミナー中にもお話させていただいた通りゲートウェイアプライアンス外部からの更新に対して整合性を取る仕組みがないため構成として推奨致しません。

Q2.iSCSI で接続する先は、冗長化されているでしょうか?
A2.iSCSIのターゲットは、アプライアンスが提供する仮想ブロックデバイスあるいはVTLのため接続先としては冗長化されていません。AWS側に転送されたデータについては、AWSのストレージサービスに冗長化されて保管されます。

Q3.Gateway-Stored volumeとGateway-Cached volumeをどう使い分けるのでしょうか?
A3.どちらもディスクイメージとしてのAWSクラウドへのデータ転送用途としてご利用可能ですが、Gateway Stored volumeはデータのプライマリコピーがオンプレミス側にある状況になりますので、オンプレミスデータのDR用途として、Cached volumeはクラウド上のAWSストレージサービスをリポジトリとしたストレージ容量の拡張としてのご利用を想定しています。

Q4.File GatewayとGateway-Cached volumeをどう使い分けるのでしょうか?
A4.ファイル単位でクライアントから利用したいか、ボリューム単位で利用したいかの違いになります。ファイル毎に個別にAWSに転送したいといった要件の場合はFile Gatewayを、ディスクドライブとしてクライアントから利用してボリューム毎にAWSにデータ転送/障害時のリカバリーをしたいといった場合はGateway-Cached Volumeをご利用いただければと思います。
尚、Gateway-Cached Volumeでは、誤操作によるデータリカバリーが必要な場合は、スナップショットを新しいボリュームにリストアすることで古いデータを取り出すことが可能ですが、File Gatewayの場合はS3側でバージョニングを設定し、S3から直接古いデータをから取り出す必要があります。

Q5.Storage Gateway を経由するのと、DirectConnect を経由するのでは、どちらがデータ転送に適している(メリット)があるのでしょうか?
A5.Storage Gatewayのメリットは非同期転送かつ帯域のコントロールが可能(ボリューム、テープ)な点です。専用線接続を利用して直接AWSのストレージサービスやEC2への転送を行うような場合は安定した帯域を確保しながらデータ転送ができる利点がありますが、制御をご自身で実施する必要があります。

Q6.テープの接続クライアントは仮想サーバでも可能でしょうか?それとも実機でないとNGでしょうか?
A6.クライアントとしてサポートされているOS(iSCSIイニシエーター)で、ネットワーク的に到達可能であれば、物理/仮想を問わずご利用可能です。

Q7.tape gatewayのglacierからのリトリーブにexpeditedオプションなどを利用できますか?
A7.残念ながらご利用になれません。

Q8.Windows server 2008以上、には2016も含まれますか?
A8.iSCSI イニシエーターとしてのサポートとして回答致します。現時点ではWindows 2016はサポートされません。今後のUpdateをお待ち下さい。

Q9.S3への直接編集は避けるべきとのこと理解しましたが、万が一、編集等によりS3とGateway側に不整合が発生した場合はどのように再同期できるのでしょうか?
A9.Gatewayアプライアンスを再起動していただければ不整合の状態は解消されます。

Q10.EC2にStorage Gatewayを構築した際、AZ障害を見越して2つのAZにデプロイをしておき、片方のAZでS3バケットと連携をさせておき、AZ障害時に別AZのGWから同一バケットに接続することは可能でしょうか
A10.ファイルゲートウェイはEC2上での稼働をサポートしておりません。

Q11.ファイルゲートウェイで送られてきたオブジェクトをlambdaで処理しておなじバケットにおいても同期はされないということであってますか?
A11.ゲートウェイを通さない更新は反映されず不整合の状態となります。ファイルゲートウェイで共有しているバケットに関してはそのゲートウェイ以外からのアクセスについてはRead onlyでご利用になることをお勧めします。

 

コメント

Twitter, Facebook

このブログの最新情報はTwitterFacebookでもお知らせしています。お気軽にフォローください。

2018年4 月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30