« 12月は 新サービス紹介月間!!〜2015年12月のAWS Black Belt Tech Webinarのご案内 | メイン | Oracle RACをAmazon EC2上にセルフマネージ型で導入することが可能になりました »

AWS Black Belt Tech Webinar 「AWS Directory Service」「AWS CodeCommit & AWS CodePipeline & AWS CodeDeploy」資料公開

こんにちは、AWSテクニカルトレーナーの鬼形です。 先日のAWS Black Belt Tech Webinar のテーマは、SA渡邉によるAWS Directory Service (10/21) 、PS佐藤によるAWS CodeCommit & AWS CodePipeline & AWS CodeDeploy (10/28) でした。

AWS Directory Serviceは約1年ぶりに取り上げたテーマになりますが、前回の資料に加え、認証フェデレーションやAWSアプリケーション (Amazon WorkSpaces、Amazon WorkDocs、Amazon WorkMail) との連携など、詳しく説明されていますので、是非お役立てください。

AWS CodeCommit (フルマネージドのGitホスティングサービス) 、 AWS CodePipeline (ビルドやテスト、デプロイのリリースモデルを自動化) 、AWS CodeDeploy (ソフトウェアのデプロイを自動化) は、今回初めて取り上げたテーマとなります。AWSにおけるソフトウェアの開発やマネジメントをサポートするサービスとして、今非常に注目されています。担当したPS佐藤は、プライベートでもJenkinsなど開発ツールについて書籍を執筆するなど、このテーマに造詣が深い人物です。

Q&Aはこのブログの最後に公開しております。是非お役立てください。

次回のBlack Beltは11/11(水)に実施します。

AWS OpsWorksをご利用頂くことで、パッケージのインストールやソフトウェア設定等を自動化できます。これにより大きく運用負荷の軽減が可能です。本Webinarでは、AWS OpsWorksのWindows対応やRedhat Enterprise Linux対応、Amazon EC2 Container Service(ECS)対応等の最新アップデートを中心にご紹介します。

継続してご案内しておりますが、AWSのWEBセミナーは現在Adobe Connectという仕組みで配信されています。このAdobe ConnectはPCのブラウザで参加できるだけでなく、モバイルアプリにも対応しています。つまり、どこでもスマホさえあればセミナーに参加できるという事ですね。お手持ちのスマホのアプリストア等で"Adobe Connect"で検索してみてくだい。

[AWS Directory Service]

[AWS CodeCommit & AWS CodePipeline & AWS CodeDeploy]


AWS CodeCommit & AWS CodePipeline & AWS CodeDeploy のQ&Aは以下の通りです。

Q1. Code CommitはGitHubみたいなWebGUIは提供されていますか?

A1. Web上のGUIが用意されています。

Q2. AWS CodeCommitでpull request/merge request的な機能ははありますか?

A2. ご要望は沢山いただきますが、今のところは提供されておりません。

Q3. CodeCommitはEC2にGitをインストールして運用するのとの違いは何でしょうか。先に説明された冗長性や可用性、パフォーマンスなどがメリットでしょうか。

A3. その通りです。他にもIAM/KMSと連携した高いセキュリティもメリットになると思います。

Q4. AWS CodeDeployの指定した割合、とは何でしょう。。ピンとこないです。

A4. 資料の後の方で紹介しております、デプロイのスピードのことです。

Q5. CodeDeploy の配布物のアップロード先はGitHubとS3以外は指定できないのでしょうか?

A5. ご要望は頂いておりますが、現状はGitHubかS3のみとなっております。

Q6. CodeDeployは配布するだけなので、バージョン管理や、べき等性はないという理解でよいでしょうか?

A6. デプロイしたリビジョンは過去のものが保管されています。冪等性があるようにhookスクリプトなどを作成してください。

Q7. AWS CodeCommitは CodePipelineやCopdeDeployと連携可能でしょうか。

A7. ご要望は沢山いただいておりますが、今のところ提供されておりません。

Q8. AWS CodeDeploy で「ファイルを置く場所」の縛りはありますでしょうか? /etc, /usr配下にファイルを置くこともできます?

A8. 権限があればそこに置くことができます。

Q9. CodePipeline の Custom Action でジョブを実行(ビルドしたりテストしたり)する環境は CodePipeline のサービス内で用意されるのでしょうか?それとも、EC2など外部のリソースを使うのでしょうか?

A9. EC2などの外部のリソースを使用します。

Q10. CodeDeployでデプロイする際にdev,stg,prodでDBエンドポイントを変更してデプロイすることは可能でしょうか?

A10. hookスクリプトなどでできますが、環境ごとにファイルを作って、デプロイのみをやっていただいたほうがよいです。

Q11. これらのサービスは、アプリレイヤーの話なので、例えばcloud formation などのインフラ、chefレシピなどの実行などを管理するようなユースケースには向かないという理解でよいでしょうか??

A11. AWS CodePipelineで制御することはできます。

Q12. CodeDeployでLambdaへのデプロイはできるのでしょうか?

A12. 現在のところ提供されていません。

Q&Aは以上です。

なお、11月のBlack Beltの開催予定は以下のエントリで紹介しています。11月は「デプロイ&プロビジョニング月間」としてデータベース関連の解説を行います。こちらもぜひご覧ください。

■11月

http://aws.typepad.com/sajp/2015/10/2015-nov-aws-black-belt-tech-webinar.html

(代理投稿:下佐粉)

コメント

Twitter, Facebook

このブログの最新情報はTwitterFacebookでもお知らせしています。お気軽にフォローください。

2018年4 月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30