« Redshiftアップデート:WLMパラメータの動的変更と、LISTAGG関数の追加 | メイン | 2015年版のAWS PCIコンプライアンスパッケージが提供可能になりました »

RDSアップデート:RDS for OracleでT2とR3インスタンスが利用可能に

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) for OraleについてT2,R3インスタンスが利用できるようになったとアナウンスがありましたので、翻訳しました。

==

より大きく、コスト効率が良いR3インスタンスと、低コストのT2インスタンスを使ってAmazon RDS for Oracleを起動できるようになりました。R3インスタンスはメモリを多く消費するアプリケーションに最適化されており、RAM 1GiBあたりの費用がAmazon RDSインスタンスタイプの中で最も低く、ハイパフォーマンスなデータベースワークロード向けとして推奨されます。R3インスタンスは高く安定したメモリバンド幅、低いネットワークレーテンシと低ジッターを備えつつ、M2データベースインスタンスと比較して最大28%安い価格を実現しています。

T2インスタンスは低価格の標準的なインスタンスで、ベースラインのCPU性能を持ちつつ、それを超えるパフォーマンスにバーストするようにデザインされています。このインスタンスはCPUを常に、もしくは継続的にフルパフォーマンスで使い続ける用途には使うべきではありませんが、時々高いCPUパフォーマンスを求められるケース、例えばテスト環境での小規模データベースワークロードや、開発環境等には適しています。

Amazon RDSのR3、T2インスタンスファミリーのメリットについてより詳しく知りたい場合は、DBインスタンスクラスのページを御覧ください。(訳注:まだ日本語マニュアルは最新に更新されていないため、現時点では英語版をご覧ください)

R3とT2インスタンスタイプは、Oracleデータベースのバージョン11.2.0.4と12.0.2でご利用いただけます。AWSマネジメントコンソールで「DBインスタンスの起動」ウィザードを使って数回クリックするだけで、R3とT2インスタンスを起動することができます。既存のRDS for Oracleインスタンスから移行するためには、まず既存インスタンスのOracleデータベースバージョンを11.2.0.4もしくは12.1.0.2にアップグレードしてSNAPSHOTを取得し、その後に新しいR3もしくはT2インスタンスにリストアしてください。

本日よりご利用いただけます

Amazon RDS for Oracle T2インスタンスは、AWSの全コマーシャルリージョンでご利用可能です。Amazon RDS for Oracle R3インスタンスは、南米(サンパウロ)リージョン以外の全コマーシャルリージョンでご利用可能です。価格については、Amazon RDS料金表ページを御覧ください。

(原文:https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2015/08/amazon-rds-for-oracle-now-supports-r3-and-t2-instance-families/

 (翻訳:下佐粉 昭)

コメント

Twitter, Facebook

このブログの最新情報はTwitterFacebookでもお知らせしています。お気軽にフォローください。

2018年4 月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30