« AWS Black Belt Tech Webinar 「AWS CLI & SDK for Powershell」資料公開 | メイン | AWS初心者向けWebinar「RDBのAWSへの移行方法(Oracleを例に)」資料公開 »

AWS Black Belt Tech Webinar 「AWS Device Farm」資料公開

こんにちは、AWSテクニカルトレーナーの鬼形です。 先日(7/22)のAWS Black Belt Tech Webinar(12:00-) は、緊急特番としてAWS Device Farmの解説を行いました。スピーカーはSAの清水さん、西谷さんという2人体制でお届けしましたが、西谷さんが清水さんに質問(無茶振り?)しながら進めていくという形式が、とても好評だったようです。次回以降もこういった企画を盛り込んでいきますので、楽しみにしていてください!

以下に公開している資料では、AWS Device Farmが登場した背景、特長、ユースケースなどを分りやすく解説しています。Webinar内ではデモンストレーションを取り入れてご紹介しましたが、皆様もぜひ、本資料を元にAWS Device Farmを試してみてください。

次回のBlackbeltですが、7/31(金)のお昼12時に緊急開催で先日GAしたAmazon Auroraの解説を行います。以下で申し込み可能です。

http://aws.typepad.com/sajp/2015/07/aws-black-belt-tech-webinar-2015-amazon-aurora.html

通常放送は、8/5(水)の18時から、DynamoDBについて解説します。ぜひこちらもお申込みください。

  • 8月5日(水)18時
  • Amazon DynamoDB - 森祐孝
  • セミナー参加登録リンク: https://connect.awswebcasts.com/dynamodb-2015/event/registration.html
  • セミナー内容:
    • DynamoDBは、ストレージ制限、サーバの運用、管理の必要のない完全マネージド型のNoSQLデータベースサービスです。本Webiner ではDynamoDBの基本的な機能やテーブルの設計方法等をご紹介致します。また、この1年の間にリリースされた新機能も紹介しながら、利用上の注意点 や活用事例などもご紹介致します。

 

Q&Aは以下の通りです。

Q1. ハイブリットアプリで、アプリ内ブラウザ内のHTML画面に関するテストはできますか?(Seleniumによるテストもカバーできるか?)

A1. はい、可能です。各フレームワーク、テストスクリプトに則ってテストしてください。

Q2. 他にも似たようなサービスを最近見かけたのですが、比較した時、このサービスの優位性はありますか?

A2. 以下のような特徴がございます。

・多くのフレームワークに対応しています。

・ビルトインのテストスイート(Fuzz)を利用できます。

・並列処理によりテストを高速化できます。

・フル機能のAPIを提供しており、開発やテストのワークフローと統合できます。また Jenkins CI サーバーと連携するプラグインを提供しています。

・AWS の高い可用性/高い堅牢性/高いセキュリティをそのまま利用いただけます。

・従量課金と定額のプランを用意しており、低価格にご利用いただけます。

Q3. センサーデータ、たとえばGPS加速度などの取得は可能なのですか?

A3. GPSはテスト作成時に設定した経緯度情報を取得できます。加速度センサーの値は取得できますが、特定の値などを設定する機能は提供されていません。

Q4. テストの設定をGUIでおこなっていますが、これらをAPIなどCUIで利用することはできるのでしょうか?

A4. はい、可能です。すべての機能はAPIとして提供されており、開発やテストのワークフローに統合していただけます。

Q5. screenshotも出力できるのでしょうか? (顧客にテスト結果を提出する場合があるため)

A5. はい、可能です。マネージメントコンソールから確認できます。もしくは、APIから操作したり、Jenkins など CI と連携してダウンロードしていただくこともできます。

Q6. プリインのWebブラウザでWebアプリのテストをすることは可能でしょうか

A6. アプリ内の WebView 、もしくは、自身で実装したブラウザアプリでのみテストできます。

Q7. Performanceタブで「どのテストを実行中の状態か」を確認することは可能でしょうか

A7. パフォーマンス情報にはテスト開始からの時間が含まれていますので、ログと突き合わせることで「どのテストを実行中の状態か」をご確認いただけます。

Q8. Jenkinsとの連携が可能とのことでしたが、Travis CIやCircle CIとの連携も可能でしょうか?

A8. AWS Device Farm はフル機能のAPIを提供していますので独自に統合することは可能です。

Q9. iOSやWindowsアプリへ対応していますか

A9. iOSについては、2015年8月4日に対応すると発表がありました

http://aws.typepad.com/aws_japan/2015/07/coming-soon-aws-device-farm-support-for-ios-apps.html

Q&Aは以上です。

なお、8月のBlackbeltの開催予定は以下のエントリで紹介しています。8月は「DB月間」としてデータベース関連の解説を行います。こちらもぜひご覧ください。

■8月

http://aws.typepad.com/sajp/2015/07/2015-aug-aws-black-belt-tech-webinar.html

(代理投稿:下佐粉)

コメント

Twitter, Facebook

このブログの最新情報はTwitterFacebookでもお知らせしています。お気軽にフォローください。

2018年4 月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30