メイン | AWSでも役に立つトンネリング技術入門 »

Hello, architecting worlds!

皆様、こんにちは。アマゾン データ サービス ジャパンの玉川です。

本日より、AWSのソリューションアーキテクト(SA)を主とした技術チームによるブログを開始することにしました。このブログは、AWSを用いたアーキテクティング手法、AWSのディープな技術情報について書いていく予定です。そもそもAWS自体に興味が無い方はそっ閉じでお願いいたします。

Gameday

 

SAとAWS技術チームの取り組み

AWSは日々進化を続けているクラウドサービスで、2013年も280以上の新リリースがありました。利用者の方々により巧くAWSを使って頂けますように、下記のような様々なアクティビティを通じて技術情報を提供しております。このブログでは、以下のアクティビティに関する最新情報に加え、最新機能の使い方、AWSのリファレンスアーキテクチャや、デザインパターンといったベストプラクティスをお伝えしたいと思います。

  • クラウドデザインパターン
    クラウドを設計する際の暗黙値を形式知として整理しようという壮大な?取り組みで、wikiや書籍等で公開しています。
        - AWSクラウドデザインパターン設計ガイド(wiki書籍Kindle版英語wiki)
        - AWSクラウドデザインパターン実装ガイド(書籍)
  • オンラインセミナー
    ほぼ毎週、無料のオンラインセミナーを実施しています。特にマイスターシリーズ(4月からAWS Black Belt Tech Seminarとしてリニューアル予定)はサービスを深堀した新鮮な情報が特徴です。また、初心者向けも実施しています。
        - AWSマイスターシリーズ (webサイト)
  • 技術白書
    ホワイトペーパー等の技術白書を提供しています。特に、セキュリティ周りのホワイトペーパーは一読の価値があります。
        - AWSホワイトペーパー(webサイト)
        - AWSコンプライアンス(webサイト)
  • 技術資料集
    幅広い技術資料を公開しています。下記の活用資料集には、ハンズオン資料、ソリューション資料、各サービスの深堀資料など盛りだくさんです。Slideshareアカウントには、セミナー資料なども公開されています。
        - AWSクラウドサービス活用資料集 (webサイト)
        - Slideshare資料 (Amazon Web Services Japan
  • トレーニング
    AWSは公式のトレーニングを提供しています。1日で主要サービスを触ってみる実践コースや、3日間でみっちりアーキテクトの基礎をたたきこむArchitecting on AWSコースなど、経験豊富な講師陣が提供します。
        - AWSトレーニング (webサイト)
  • 認定プログラム
    名刺にAWSの認定ロゴをいれてドヤ顔しませんか?ソリューションアーキテクト-アソシエイトレベルを日本語で受けることができます!
        - AWS認定プログラム (webサイト)
  • イベント登壇
    エバンジェリスト、SA、コンサルタント、トレーナーは、JAWS(ユーザーグループ)をはじめとした様々なイベントで登壇しています。
        - JAWS-UG (ユーザーグループ)
        - JAWS DAYS 2014 (公式サイト)
        - セミナー一覧(webサイト)

すでにAWSブログはご愛読頂いている方も多いと思いますが、そちらがWhat(AWSの最新リリース)にフォーカスしたものに対して、こちらのSAブログでは、Howに関するよりDeepな情報をお届けしたいと思います。乞うご期待!

玉川 (Facebook, Twitter @KenTamagawa)

コメント

Twitter, Facebook

このブログの最新情報はTwitterFacebookでもお知らせしています。お気軽にフォローください。

2018年4 月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30