« 【AWS発表】 AWS無料利用枠の監視機能 | メイン | 週刊AWS - 2015年8月10日 »

【AWS発表】EC2 Container Serviceの新しいメトリクス: ClusterとService

Create_cluster_button_1Amazon EC2 Container ServiceはDockerベースのアプリケーションをビルドし、実行し、そしてスケールすることを手助けしてくれます。以前の投稿(EC2 Container Service - 最新機能、お客様事例、その他)でお伝えしたように、簡単なクラスタ管理、高いパフォーマンス、柔軟なスケジューリング、拡張性、ポータビリティ、そしてAWSによる安全で効率の良い環境で動かすことでAWSとの連携ができるといった利点を受け取ることができます。

コンテナベースのアプリケーションはTaskから作られます。Taskは同じEC2インスタンス上で一緒に動く1つか複数のDockerコンテナのことで、インスタンスはクラスタとしてグループ化されます。インスタンスはタスクを実行するために利用されるリソースプールの様な形をとります。

このモデルは計測と監視に対する新しいチャレンジを生み出します。クラスタを適切なサイズ(大きすぎず、小さすぎず)に保つためには、個別のインスタンス毎ではなくクラスタ全体のメモリとCPUの利用率を見る必要があります。これは、CPUやメモリのサイズが様々に異なるEC2インスタンスが含まれるクラスタにおいては、よりチャレンジングな課題となります。

新しいClusterメトリクス

クラスタを正しく計測し監視しそしてスケールできるように、個別のインスタンスから収集されインスタンスのサイズとコンテナの設定を基準に正規化され、Amazon CloudWatchにレポートされる新しいメトリクスを導入します。AWSマネージメントコンソールでメトリクスを見ることもできますし、Auto Scalingのアクティビティを起動することもできます。

各インスタンスではECS Container Agentが動いています。これがインスタンス及びTaskレベルでのCPUとメモリのメトリクスを収集し、正規化のためテレメトリサービスに送ります。正規化処理ではクラスタ全体のCPUとメモリの利用を表現するための混合メトリクスが生成されます。これらのメトリクスによってクラスタ全体の利用率のイメージを持つことができます。

早速やってみましょう!私のクラスタはdefaultという名前で、1つのt2.mediumインスタンスを持っています。

Ecs_def_cluster_2

この時点ではTaskは実行されておらず、クラスタはアイドル状態です。

Ecs_metrics_before_2

全CPUを消費する様な設定で、2つのTaskを(Serviceとして)実行しました。

Ecs_run_cpu_killer_2

TaskがCPUを食い尽くしてそのメトリクスが集まるまで、庭で水やりをして少し休憩しました。戻ってくると、CPU利用率はこの様になっていました。

Ecs_cpu_util_2

そこでもう1つのt2.mediumインスタンスをクラスタ内に立て、利用率を再度確認してみました。追加された処理能力によって、全体の利用率は50%に減少しました。

Ecs_cpu_reduce_1

新しいメトリクス(CPU利用率とメモリ利用率)はCloudWatchを通じて利用可能で、アラームを作成するために使うこともできます。どの様に見えるかが以下の画像になります。

Ecs_cloudwatch_2

新しいServiceメトリクス

今年の初めの方で我々はEC2 Container Serviceがロングランニングアプリケーションと負荷分散をサポートしたことをアナウンスしました。Serviceスケジューラによって、ロングランニングアプリケーションとサービスが良好な状態で必要なレベルまでスケールしている様に保って管理することができます。CPUとメモリの利用率のメトリクスが収集され、サービス毎に処理されコンソールで見ることができます。

Ecs_service_metrics_2

新しいClusterとサーバのメトリクスは既に利用可能で、今日から使いはじめることができます

-- Jeff; (翻訳: SA岩永)

原文: New Metrics for EC2 Container Service: Clusters & Services

コメント

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31