« 【AWS発表】16TB、20K IOPSのAmazon Elastic Block Store(EBS)ボリューム | メイン | 週刊AWS - 2015年3月16日 »

【AWS発表】Amazon RDS アップデート – PostgreSQL 9.4.1 が利用可能に

Amazon Relational Database Service (RDS)は、PostgreSQL, MySQL, SQL Server, Oracle Databaseといったリレーショナルデータベースのクラウドでのセットアップ、運用、およびスケーリングを容易に行えるようにします。

本日、RDSでのPostgreSQL 9.4.1サポートを開始しました。他の様々な機能とともに、このバージョンではJSONデータをjsonbとして知られる効率よく、分解されたバイナリ形式で格納できる機能が追加されました。この形式で格納されたデータは、大幅に高速化された処理が可能になり、インデックスも利用できます。jsonbは、余分な空白や原文となるJSONオブジェクト内のキーの順序を保持しません。より多くの情報が必要な場合はPostgreSQL ドキュメントのJSON Typesを確認してください。

RDSコンソール、RDS APIやAWS Command Line Interface (CLI)より、本バージョンのPostgreSQLが稼働するRDSデータベースインスタンスを起動できます。以下に、コンソールからの方法を示しました。

新たにサポートされたjsonbデータは、どういった値が入るか予期できる静的なフィールドと前もって完全な予測や把握ができない動的な値(おそらく外部のアプリケーションやデバイスからくるもの)の組み合わせからなるデータを使用するアプリケーションを作成するのに役立つでしょう。

新しいバージョンのPostgreSQLはすでにご利用可能ですので、本日から利用できます。アップグレードするためには、SQLダンプを作成し、9.4.1で稼働する新しいインスタンスを起動し、ダンプをリストアする必要があります。

PostgreSQL9.4系に関するすべての機能拡張とバグ修正を確認したい場合は、リリースノートを確認してください。

Jeff;(日本語訳は江川が担当しました)

コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c534853ef01b8d0ef939f970c

【AWS発表】Amazon RDS アップデート – PostgreSQL 9.4.1 が利用可能にを参照しているブログ:

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31