« 【AWS発表】Amazon ElastiCacheにリザーブドキャッシュノードを追加。より柔軟な料金体系に。 | メイン | 【海外事例】Intuit社とEdmodo社におけるAmazon RDSを用いたクラウドイノベーション »

Microsoft SharePoint Server on AWS Reference Architecture White Paper

今日はMicrosoft SharePointをAWS上で運用する際に役立つリファレンスアーキテクチャーホワイトペーパー、Microsoft SharePoint Server on AWS Reference Architecture White Paperを発表したことをお知らせいたします。

このホワイトペーパーはAWS上でSharePointサービスを使う方法について一般的な概念について説明し、AWS上でSharePointサーバーファームを設定、デプロイ、運用する方法について詳細なテクニカルガイダンスも提供しています。 またこのホワイトペーパーは、共通のSharePointサーバーのデプロイのシナリオに対するリファレンスアーキテクチャを示しており、ネットワーク、セキュリティ、デプロイの設定についても説明してますので、これを読めば自信を持ってクラウド上でSharePointサーバー郡を運用すうことができるでしょう。 このホワイトペーパーはITインフラに関する決定権をお持ちの方と、管理者をターゲットにしています。 これを読んだ後、AWS上で、典型的なSharePointのサーバーファームのコンポーネントをセットアップしたり、デプロイする方法について、よいアイデアが浮かぶに違いありません。

ホワイトペーパーから以下のようなことがわかります。

  • SharePoint サーバーファームリファレンスアーキテクチャ
  • 共通のSharePointサーバーのデプロイシナリオ
    • イントラネットでのSharePointサーバーファーム
    • SharePointサーバーをベースとしたインターネットウェブサイトやウェブサービス
  • AWS上でのSharePointサーバーアーキテクチャシナリオの実装
    • ネットワークの設定: 
      • イントラネット、パブリックなウェブサイトシナリオのためのAmazon VPC セットアップ
      • アクティブディレクトリ ドメインサービス(AD DS)のセットアップとDNSの設定
    • サーバーのセットアップと設定
      • SharePointサーバーの役割とサーバーのAmazon EC2のAMIとインスタンタイプへのマッピング
      • SharePointとSQS Serverの設定
    • セキュリティ
      • セキュリティグループ
      • ネットワーク ACLs
      • Windowsインスタンスのセキュリティ
      • Administratorのアクセス
      • データのプライバシー
    • デプロイ
    • モニタリングと管理
    • バックアップとリカバリー

Enjoy!

 堀内康弘(@horiuchi)

コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c534853ef01676521fefc970b

Microsoft SharePoint Server on AWS Reference Architecture White Paperを参照しているブログ:

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31