« Microsoft SharePoint Server on AWS Reference Architecture White Paper | メイン | 【AWS発表】 AWS Marketplace - クラウドソフトウェアの検索、購入、比較、起動までマーケットプレイスで »

【海外事例】Intuit社とEdmodo社におけるAmazon RDSを用いたクラウドイノベーション

先日AmazonのCTO Werner VogelsIntuit社のTroy Otillio氏、Edmodo社のJack Murgia氏とすばらしい対談 を行いました。彼等は彼等にとって重要なこと、つまり顧客のための価値の創出に集中するための時間を生み出すためにAmazon RDSを使っています。

その対談の一部を紹介します。

Troy: AWSに移行することで、運用のスピードを早めることができ、スケールさせることやインフラのメンテナンスに悩むことなく、顧客にさらなる価値を提供できます。需要が増えても簡単にさらなるキャパシティを追加できるという自信があるので、イノベーションに集中するための時間をさらに作ることができています。

Jack: 若いスタートアップの従業員にとって、時間を節約できたり、プロセスをシンプルにできるものには何であれ、ポジティブな印象を抱きます。心の平穏を保つということに関しては説明の必要はないでしょう。我々のチームにはRDS MySQLに移行して後悔している者はひとりもいません。それどころか、RDSなしの状況に戻りたくないと皆思っています。

Troy: 我々はRDSが大好きです。運用の負担を軽減できることだけでなく、Multi-AZ機能による高速な復旧のようなエキサイティングな恩恵を受けられるからです。私のチームはワンクリックでリードレプリカを作成できることや、ダウンタイムなしにデータベースのサイズを大きくしたり、小さくしたりできること、自動バックアップのことをよく自慢しています。

詳細はフルインタビュー(英語)をご覧ください。

また、こちらの記事を読み、もしAmazon RDSを試してみたいと思っていただけましたら、無料でお試しいただけます。 詳細は無料トライアルページをご確認ください。そしてRDSを使ったアプリケーションを作りましたら是非お知らせください!

 堀内康弘(@horiuchi)

コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c534853ef0168ea2362d5970c

【海外事例】Intuit社とEdmodo社におけるAmazon RDSを用いたクラウドイノベーションを参照しているブログ:

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31