« 【AWS発表】 Amazon ElastiCacheが東京リージョンを含め4つのリージョンで利用可能に。CloudFormationのサポートも開始 | メイン | 【AWS発表】 アーキテクチャのダイアグラムのためのAWSシンプルアイコンの発表 »

【AWS発表】 Amazon S3にマルチオブジェクトデリートを追加

今回の発表は、Amazon S3のオブジェクトを、1つのコールで1000オブジェクトまで一挙に消去できるマルチオブジェクトデリート(Multi-Object Delete)の追加です。一度に大量のオブジェクトを消去する際には便利なコールです。S3のバージョンニングを使っている場合は、バージョンIDを指定することで、オブジェクトのバージョンも消すことができます。

このコールを利用することで、アプリケーションはS3に対して少ないコールを発行することになり、結果として、アプリケーションのパフォーマンスが上がるでしょう。

マルチオブジェクトデリートでは、2つのレスポンスモードが用意されています。verboseとquietです。マルチオブジェクトデリートに対する、デフォルトのXMLレスポンスは、各オブジェクトに対して、<Deleted><Error>のステータスを返します。もし、<Error>のステータスコードのみ必要な場合は、Quietモードを用いることで実現できます。

AWS SDKの中でも、JavaRubyPHP.NETはすでに対応しております。

より詳細は、S3 documentation(英語)をご参照ください。

ちなみに、3rdパーティツールである、CloudBerry ExplorerBucket ExplorerS3 Browserは、すでにこの機能に対応しています!

玉川憲 (@KenTamagawa)

コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c534853ef0162fdabf91f970d

【AWS発表】 Amazon S3にマルチオブジェクトデリートを追加を参照しているブログ:

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31