« AWS Black Belt Online Seminar「動画配信 on AWS」の資料およびQA公開 | メイン | AWS Black Belt Online Seminar「Amazon EC2」の資料およびQA公開 »

AWS Black Belt Online Seminar AWS体験ハンズオン~Amazon S3バックアップ~の資料およびQA公開

こんにちは、ソリューションアーキテクトの舟崎です。

2017/3/31に開催いたしましたAWS Black Belt Online Seminar AWS体験ハンズオン~Amazon S3バックアップ~の資料を公開いたしました。

 

当日頂いたご質問の回答と併せてご覧ください。

Q: S3のバケット作成時にバケット名でエラー「The requested bucket name is not available. The bucket namespace is shared by all users of the system. Please select a different name and try again.」が表示されましたが、ネーミングの制限ルールを教えて頂けますか?
バケット名は全世界でユニークでなければなりません。

Q: 本ハンズオンで作成されるセキュリティグループのインバウンドの設定ははSSHだけでよろしいのでしょうか?
はい、今回のハンズオンの操作においてはsshのみ開放頂く形で問題ありません。

Q: S3のバージョニングを有効にして、旧バージョンのファイルをAWS CLIで確認することは可能でしょうか?
aws s3api list-object-versionsコマンドで旧バージョンのファイルを確認可能です。
http://docs.aws.amazon.com/cli/latest/reference/s3api/list-object-versions.html

Q バケットの削除方法を教えて下さい
はじめにバケットの中身を空にする必要があります。空になったバケットは、削除ができます。

Q: VPCの課金ですが、VPC作成、ネットワークACL作成、セキュリティグループ作成、インターネットGW作成した場合は作成したままだと課金されますでしょうか?
作成しただけであれば、課金対象外ですので、作成したままでも大丈夫です。

Q: 当社の場合はFW制限によりSSH接続できません。どのようにすべきでしょうか?
Mobile Wifi等、別のインターネット接続用の制限のされていないネットワークがあれば、そちらに接続頂くことでSSH接続ができる場合があります。

Q: 起動されたEC2インスタンスのステータスを確認する段階で「初期化しています」と出たまま変化がないのですが、これは時間が経てば変わりますか?
はい、通常時間が経てばステータスが変化して「2/2ステータスチェックに合格しました」と表示されます。

Q: 今回はAmazon Linuxで操作しましたが、AWS CLIによるS3の操作部分はWindows Serverでも同様ですか?
はい、AWS CLIの操作部分はWindows Serverでも同様です。

 

今後のAWS Black Belt Online Seminarのスケジュールは こちら です。多くの方のご参加をお待ちしております。

コメント

Twitter, Facebook

このブログの最新情報はTwitterFacebookでもお知らせしています。お気軽にフォローください。

2017年4 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30