« AWS Black Belt Online Seminar「Amazon VPC」の資料およびQA公開 | メイン | AWS Black Belt Online Seminar「サーバレスによる アーキテクチャパターンのご紹介」の資料およびQA公開 »

AWS Black Belt Online Seminar AWS体験ハンズオン ~ Amazon DynamoDB テーブル作成編 ~ の資料およびQA公開

こんにちは、AWSJ テクニカルトレーナーの鬼形です。

2017/4/26に開催いたしましたAWS Black Belt Online Seminar AWS体験ハンズオン ~ Amazon DynamoDB テーブル作成編 ~ の資料を公開いたしました。

当日頂いたご質問のうちいくつかを共有させていただきますのでご覧ください。

Q: キャパシティのところで推定コスト$3.3と記載があったのですが、無料ですか?
A: はい。詳しくは AWS クラウド無料利用枠  をご確認ください。

Q: プライマリーキーは一意でなければならないのでしょうか?
A: はい、プライマリーキーは一意である必要があります。ハンズオンの例では、パーティションキー(UName)+ソートキー(Date)がプライマリーキーにあたります。

Q: TotalCountを更新するにはPathを空にしてsubmitしないといけないのですね
A: ここで使用しているAPI、UpdateItem は項目の1つ以上の属性を変更することが可能です。あとは、アプリケーション側での実装に依存します。

Q: TotalCount も同じ場合の結果の順番は不定になるのでしょうか?それとも第3としてソートキーが採用されるのでしょうか?
A: ソートキーの値が同じ項目がある場合、Query によるレスポンスは、特定の順序では返されません。

今後のAWS Black Belt Online Seminarのスケジュールは こちら です。多くの方のご参加をお待ちしております。

コメント

Twitter, Facebook

このブログの最新情報はTwitterFacebookでもお知らせしています。お気軽にフォローください。

2017年7 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31