« 10/13(火)12時から、「俺の re:Invent 2015(仮)」 を放送します | メイン | 11月は デプロイ&プロビジョニング月間!!〜2015年11月のAWS Black Belt Tech Webinarのご案内 »

VPN関連のアップデート:カスタマーゲートウェイIPアドレスが再利用できるようになりました

みなさん、先週行われたre:Invent 2015はいかがだったでしょうか? 今年もたくさんのサービスや機能が追加されました。セッションの動画やスライドは順次アップされていますので、ぜひチェックしてみてください。

 ところで、re:Invent2015のネットワーク関連セッションの中で、VPCのVPNに関する重要なアップデートがありましたのでご紹介します。

 

カスタマーゲートウェイIPアドレスの再利用 

VPNでは、オンプレミス側のカスタマーゲートウェイのパブリックIPアドレスを登録する必要があります。これまでのVPNでは、このパブリックIPアドレスが必ずユニークである必要がありました。 つまり、複数のVPCを接続する際はVPCの数だけパブリックIPアドレスが必要でした。

しかし、今回発表されたアップデートではひとつのパブリックIPアドレスで複数のVPCへの接続(パブリックIPアドレスの再利用)が可能となりました。

Vpn-topology

 

 

こちらはマネージメントコンソールのVPN Connectionsの画面ですが、登録されたひとつのカスタマーゲートウェイを複数のVPN Connectionsで利用できているのがお分かりいただけると思います。

 

Vpnconnections-1

現在、東京リージョン含めた各リージョンに展開中となります。

  

その他のアップデートについて

VPN関連のアップデートは他にもございまして、近日中にアナウンス予定となっております。

 

関連情報

今回のアップデートはre:Invent 2015のセッション (NET406) Deep Dive: AWS Direct Connect and VPNs で発表されたものです。(スライド28ページ)

こちらも合わせてご参考ください。

セッション動画:(NET406) Deep Dive: AWS Direct Connect and VPNs

セッションスライド: (NET406) Deep Dive: AWS Direct Connect and VPNs

 

ソリューションアーキテクト 吉田

コメント

Twitter, Facebook

このブログの最新情報はTwitterFacebookでもお知らせしています。お気軽にフォローください。

2017年9 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30