« AWS上のRHELのサポート体制とアップデートサーバー | Main | [ESP] JP1のご紹介~AWS運用管理フォーカスセミナー~ »

[ESP] Cloud Automator (サーバーワークス)

PSA松本です。今回はサーバーワークスの千葉様より、SaaSで提供している運用自動化サービスをご紹介頂きます。

製品 / ソリューション名: 

Logo
会社名:
 
サーバーワークス

システム構成図:

  Arc

 

製品 / ソリューション概要:

「Cloud Automator」はAmazon Web Services(AWS)の運用を自動化するサービスです。

AWSの運用に欠かせないバックアップ、インスタンスの起動 / 停止など、様々なオペレーションを自動化します。Cloud Automatorの利用によって、手動によるAWS運用の手間を軽減し、人為的ミスのない運用を実行することができますので、AWS運用時のTCO削減、運用品質の向上を両立し、AWSのメリットを最大限に引き出すことができます。

 

Cloud Automatorの利用シナリオ:

1. 業務時間外は開発用インスタンスを停止してコストを削減する

業務開始時間 / 終了時間に自動的にEC2インスタンスを起動/停止することでEC2の運用費用を削減。インスタンスはタグによる指定も可能なため、開発用のサーバーが後から増えた場合でも、適切なタグをつけることで同一ルールによる運用が可能。

 2. EBSボリューム / RDSインスタンスのスナップショット / EC2インスタンスのAMIを毎日取得する

 毎日EBSボリュームのスナップショット/RDSインスタンスのスナップショット/EC2インスタンスのAMIを作成し、任意の世代(最大50)数でローテーションすることが可能。ボリュームはタグによる指定も可能なため、後からボリュームが増えた場合でも、適切なタグをつけることでバックアップジョブを自動的に適用させることが可能。

 3.監視ツール等の外部サービスから「Cloud Automator」のジョブを実行する

HTTPリクエスト / SQSを利用してジョブを実行する機能(トリガー)を使い、監視ツールで障害を検知した場合に自動的にRoute53のゾーン情報を書き換えたり、オンプレミス環境とAWS環境を同一のRBA(RunBook Automation)で管理したりすることが可能。

4. Redshiftの起動・停止を自動化

クラウド型DWHとして人気のRedshiftを様々な条件(タイマーやSQS等)で停止・起動させることが可能。分析が必要な時間帯だけRedshiftを起動させたり、ETLツールと連動させてデータ取り込みバッチの時間帯だけRedshiftを起動し、取り込みが終わったら停止させるといった運用が可能。

 

これらのシナリオ以外にも、複数のジョブを連携することでより複雑なオペレーションを自動化することが可能です。

Cloud Automatorは、高い信頼性が求められるサービスのため、ジョブ管理にAWSが提供するマネージド型ワークフローサービス「Simple Workflow(SWF)」を全面的に採用しました。

ユーザーがジョブを登録したりログを確認するWebアプリケーションはHerokuで稼働させつつ、スケジューラー、ジョブを実行するWorkerといった高い信頼性が求められる心臓部にはSWF + OpsWorksの組み合わせを採用しています。

ユーザー(構成図左側:緑色の網掛け)は、『Webアプリケーション』へアクセスしジョブを作成することで、『Workerアプリケーション』にてSWFワークフローを起動します。

『Workerアプリケーション』は、作成されたジョブのパラメーターに従い、ユーザーのAWSリソース(構成図右側:緑色の網掛け)をAPI経由で操作します。 

『Workerアプリケーション』の実行環境は、OpsWorksで構成を管理しており、SWFドメイン毎に、Availability Zoneを跨いで2台以上のEC2インスタンスが稼働しています。EC2インスタンスでは、WorkflowWorkerとActivityWorkerのプロセスが6個ずつ起動しており、当該プロセスを内部監視/自動復旧することで高い可用性を実現しています。 

また、OpsWorksのLoadBase / TimeBaseオートスケール機能を活用することで、無駄なコストを掛けることなく『Workerアプリケーション』を常に最適な環境で稼働することを可能としています。

EC2インスタンス  / SWFのステータスはCloudWatchにて計測しており、意図せぬ動作をした場合は、SNSにて管理者へ通知が送られます。

 

 システム要件/利用するAWSサービス:

インターネットブラウザを持つOS
OpsWorks, SWF, EC2, S3, IAM,  VPC,  Route53, CloudWatch, SNS

  

導入実績:

丸紅株式会社様
http://www.serverworks.co.jp/news/news20140714 

ハンズラボ株式会社様
http://www.serverworks.co.jp/case/handslab

 

費用:

http://cloudautomator.com/#price

  

その他情報:

http://cloudautomator.com/

 

お問い合わせ先:

support@cloudautomator.com

 ----------------------
エコシステム ソリューション部 部長
パートナー ソリューションアーキテクト
松本 大樹

Comments

Twitter, Facebook

このブログの最新情報はTwitterFacebookでもお知らせしています。お気軽にフォローください。

September 2017

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30