« Ten Years in the AWS Cloud – How Time Flies! ~ AWSクラウドの10年 | メイン | Amazon EMR 4.4.0 - Sqoop, HCatalog, Java 8, その他 »

Amazon Auroraのリードレプリカで、フェイルオーバーの順番を指定可能になりました

本日、Amazon Auroraクラスタ中のレプリカノードを昇格させる順番をご指定頂けるようになりました。この機能により、フェイルオーバ発生時のレプリカノードの昇格を扱いやすくなりました。マスターインスタンスに障害などが発生した場合、Amazon RDSは優先順位が高いレプリカノードを昇格させます。低い優先順位を指定することで昇格させたくないレプリカインスタンスをご指定頂けます。例えば、バッチや集計用途などでご利用頂いているレプリカノードに対して低い優先順位を指定することで、昇格を防ぎバッチや集計作業の影響をアプリケーションに与えることを防ぐことも可能です。

フェイルオーバの優先順位は

  1. 指定した優先度
  2. 優先度が同じレプリカが複数ある場合は、フェイルオーバ発生時のマスターインスタンスよりインスタンスサイズの大きいインスタンス
  3. 優先順位もインスタンスサイズも同じ場合は、同じ優先順位のレプリカノードから任意のレプリカノードが選択されます

さらに詳細なフェイルオーバのロジックや優先順位についてはAmazon Auroraユーザガイドをご覧ください。Amazon Auroraについてはプロダクト紹介ページをご覧ください。

-- 星野 (原文はこちら

コメント

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31