« Redshiftアップデート:COPYやVACUUMの機能向上、SSLロギングの情報追加等 | メイン | データの暗号化をシンプルにし、アプリケーションの可用性を向上する新しいAWS Encryption SDKの利用法 »

CloudWatch Metrics for Spot Fleets

スポットフリートは、ほんの数クリックでご利用頂けます。利用を始めるとフリートのサイズに関係なく(1台のインスタンスから何千台のインスタンスまで)費用対効果の高いキャパシティを複数プールからリソース提供します。この強力なEC2機能の詳細については、こちらのブログを参照下さい。【AWS発表】Amazon EC2 スポットフリート API – 一度のリクエストで数千台のスポットインスタンスを制御【AWS発表】Spotフリート - コンソール、フリートスケーリング、CoudFormationに対応

私は各スポットフリートを一つの集合体として考えます。フリートが起動すると、それぞれが独立したグループのEC2インスタンスとして起動します。スポット価格の変化や、フリートキャパシティの変更に伴いインスタンスの状態は変化しますが(可能な限り費用対効果を高めるよう変化)、フリート自体はその属性を保持します。

新しいスポットフリート メトリックス

スポットフリートの管理、監視、拡張性をより簡単にするために、CloudWatchに新しいスポットフリート用メトリックが追加されました。メトリックスは、複数のディメンションからアクセスできます:スポットフリート毎、スポットフリートが構成されているアベイラビリティゾーン毎、フリート内のEC2インスタンスタイプ、アベイラビリティゾーン、インスタンスタイプ等。

下記メトリックスは各スポットフリート毎に取得されます。(これらメトリックスを取得するためには、EC2詳細モニタリングを有効にする必要があります)

  • AvailableInstancePoolsCount
  • BidsSubmittedForCapacity
  • CPUUtilization
  • DiskReadBytes
  • DiskReadOps
  • DiskWriteBytes
  • DiskWriteOps
  • EligibleInstancePoolCount
  • FulfilledCapacity
  • MaxPercentCapacityAllocation
  • NetworkIn
  • NetworkOut
  • PendingCapacity
  • StatusCheckFailed
  • StatusCheckFailed_Instance
  • StatusCheckFailed_System
  • TargetCapacity
  • TerminatingCapacity

 メトリックのいくつかは、スポットフリートの入札プロセスのヒントとなるかもしれません。例えば、

  • AvailableInstancePoolsCount – スポットフリートのリクエストに含まれるインスタンス・プールの数を示します。
  • BidsSubmittedForCapacity – スポットフリート キャパシティの入札数を示します。
  • EligibleInstancePoolsCount – スポットインスタンスリクエストの対象となるインスタンスプールの数を示します。いずれか(1)スポット価格がオンデマンド価格より高い場合、または(2)入札価格がスポット価格よりも低い場合にはプールが不適用となります。
  • FulfilledCapacity – フリートキャパシティを満たす容量の合計を示します。
  • PercentCapacityAllocation – 特定ディメンションに割り当てられた容量の割合を示します。特定のインスタンスタイプに割り当てられた容量のパーセントを決定するために、インスタンスタイプと共に使用することができます。
  • PendingCapacity – ターゲットキャパシティと利用済みキャパシティの差異を示します。
  • TargetCapacity – スポットフリート内の現在要求されたターゲットキャパシティを示します。
  • TerminatingCapacity – スポットインスタンスの終了通知を受けたインスタンスのインスタンスキャパシティを示します。

これらのメトリックスは、スポットフリートの全体的なステータスとパフォーマンスを決定する手助けになります。メトリック名からも分かりますが、スポットフリート毎に消費されるディスク、CPU、およびネットワークリソースを確認することができます。また、スポットキャパシティ確保のために入札の前にどのような傾向があるかを確認することができます。それに加え、アベイラビリティゾーン、インスタンスタイプをまたいだ下記メトリックスも取得できます。

  • CPUUtilization
  • DiskReadBytes
  • DiskReadOps
  • DiskWriteBytes
  • FulfilledCapacity
  • NetworkIn
  • NetworkOut
  • StatusCheckFailed
  • StatusCheckFailed_Instance
  • StatusCheckFailed_System

これらのメトリックスを利用することでアベイラビリティゾーン、インスタンスタイプをまたいだの負荷の許容可能な分布確認をすることができます。

フリート全体の使用率を把握するためにMax、Min、またはAvgを使用しメトリックを集計することができます。一方で、2種類以上のインスタンスからなるフリートでは、Avgを使用すること自体意味がないことにもご注意ください!

利用可能

この機能はすでにご利用頂けます。

-- Jeff (翻訳は酒徳が担当しました。本文はこちら:https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/new-cloudwatch-metrics-for-spot-fleets/)

 

コメント

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31