« 週刊 AWS – 2016 年 2 月 29 日 | メイン | GameLiftがアジア(東京リージョン)とヨーロッパに拡大し、Auto-Scaling機能を追加しました。 »

Redshiftアップデート:テーブル単位でのリストアが可能に

Amazon Redshiftにテーブル単位でのリストア機能が追加されました。これまではスナップショットからのリストアではクラスタ全体をリストアするという方法でしたが、これが表単位で戻せるようになったことで、一部の表の操作ミス等の修復等の用途に使いやすくなりました。

Restoretable

以下はリリースノートの翻訳です。

==

Amazon Redshiftのスナップショットから、クラスター全体をリストアするのではなく、表単位でリストアが可能になりました。この新機能を使うことでアクシデントで削除してしまった表を復活させたり、意図しない方法で更新や削除をしてしまったデータを元に戻すことが可能になります。スナップショットから表を復元するには、管理コンソールでクラスターの”Table Restore"のタブをクリックし、"Restore Table"ボタンを押してください。

注意点としては、テーブルのリストアは稼動しているクラスターから取得したスナップショットを同じクラスターに戻す場合にのみ利用できるという事です。また、そのスナップショットはバージョン1.0.1036もしくはそれ以降のバージョンで取得されたものである必要があります。詳しくはAmazon Redshift Cluster Management GuideのRestoreing a Table from a Snapshotをご覧ください。(訳注:本エントリ執筆時点では日本語版にはまだ記載がありませんでした。その場合は英語に切り替えてご覧ください)

原文:https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2016/03/amazon-redshift-now-supports-table-level-restore/

翻訳:下佐粉 昭(@simosako

 

コメント

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31