« アマゾンウェブサービス、NICEを買収 | メイン | 週刊AWS - 2016年2月8日 »

Amazon SQSコンソールにて、Amazon CloudWatchメトリクスが閲覧できるようになりました

Amazon SQSコンソールにて、Amazon CloudWatchのメトリクスを直接閲覧できるようになりました。

Amazon CloudWatchは、Amazon SQSやその他のAWSリソースをリアルタイムに監視します。Amazon SQSコンソールにおいて構成したキューにおけるメッセージの送信数や受信数、削除数などを、Amazon CloudWatchのメトリクスとして閲覧することができるようになりました。従来はブラウザのタブにてAmazon CloudWatchメトリクス表示画面を行き来する必要がありました。しかし現在では、Amazon SQSのコンソール画面から遷移することなしに簡単にキューのメトリクスを見ることが出来ます。

この新機能の利用するにはAmazon SQSコンソールにてキューを選択し(最大10)、新設のモニタータブを選択してください。そうすると、選択されたキューに対するAmazon CloudWatchメトリクスのグラブが表示されます。Amazon SQSのAmazon CloudWatch監視に関するさらなる詳細につきましては、ドキュメントをご覧ください。

加えましてAmazon SQSコンソールのルック&フィールを改善いたしました。ぜひともログインいただきご覧いただけましたらと思います。

(翻訳は、市崎が行いました。原文はこちら

コメント

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31