« 週刊AWS - 2016年2月15日 | メイン | 【速報】APN Partner Award 2015 受賞パートナー様を発表! »

東急ハンズはどのようにAmazon DynamoDBを使ってコスト効率の高いシステムを構築したか

私は遊歩者です! 新しい街を歩き、隅や割れ目を探索し、それがユニークで特殊なものであることを考えるのが楽しみです。東京を訪問中、渋谷を歩いている時に驚くようなホビーストアを見つけました。8階建のビルには、ありとあらゆるホビーのための工具や用品や部品がありました。(日本にいる私の同僚が書いた)この記事の続きから読み取れるように、このお店「東急ハンズ」はAWSカスタマーです!
Jeff;
 
東急ハンズは、革新的なPOS(Point of Sales)システムとECサイトにより、お客様の体験をより良いものにしています。彼らの新しいソリューションについて、長谷川秀樹様はこう語ります:
 
小売業として我々は常にコストを気にしており、DynamoDBの簡単にスケールする機能で運用のコスト効率改善を実現できています。高速で高可用性でスケーラブルなデータベースを月間数百ドルで使えるのです。高価なハードウェアやデータベース運用担当者にお金を使う必要は無いのです。
 
 
背景
東急ハンズは、日本で最も人気のある小売業の一社です。雑貨や日本の文具、DIY用品や家庭用品をワンストップで提供するお店です。東急ハンズは日本、シンガポールに40店舗を展開しています。更に売り場としてECサイトを運用しており、お客様はPCやモバイル端末を使って24時間365日買い物ができます。東急ハンズの成長ペースとビジネス機会創出ペースを維持するために、高速で柔軟でスケーラブルなITシステムをAmazon Web Services (AWS)上に構築しました。
 
 AWSを使う以前は、東急ハンズのITシステムはデータセンターにあるオンプレミスだったため、データセンターを運用しスケールさせるのは非常に大変でした。東急ハンズはAWSに全てのシステムを移行すること(all-in)を決め、実際にアプリケーションをオンプレミスのデータセンターからクラウドへ移行しました。インフラ管理をAWSに任せることで、東急ハンズはお客様へより良い価値を提供することに集中できました。長谷川様曰く「私はAWSが好きです。なぜなら、インフラの管理ではなく、お客様のための改善に時間とリソースを割く事ができるからです。AWSは幅広くフルマネージドサービスを提供しており、我々のITシステム全体を構築する事を容易にします。Amazon DynamoDBはそんなサービスの一つであり、ミッションクリティカルなアプリケーションのコアとして使っています。」        
 
挑戦
お客様満足度を重視する東急ハンズにおいて、最も重要なアプリケーションはECサイトとPOSと販売システムです。ECサイトには、店舗でも実行する全てのビジネスロジックが入っています。ECサイト用に最適なデータベースを選択することは、スケーラビリティ、柔軟性、サイト改善の俊敏さを実現するために重要です。東急ハンズのPOSと販売システムは、お客様が直接触れるアプリケーションでもあり、レジでの購入時とオンラインでの購入時に動作します。バックエンドで繰り返しメンテナンスするタスクに時間を費やすのではなく、ソフトウェア開発に集中してPOSと販売システムを改善し、顧客満足度を高めたいと考えました。以前のアーキテクチャでは、バックエンドのデータストアシステムの運用保守に膨大な時間を費やしていました。
 
運用が大変だった例として、年次のスーパーセール「ハンズメッセ」という年次のセールで、ECサイトのスパイクトラフィックを捌くためにスケールさせようとしたエピソードがあります。ハンズメッセでは、店舗システムとECサイトに平時の数倍のトラフィックが発生します。オンプレ環境では、ハンズメッセ期間中のスパイクトラフィックを捌くためにデータベースをスケールアップさせる事は、時間を要する難しいタスクでした。トラフィックを捌くためにハードウェアを追加し設定し運用するために多くの時間を要しました。セール中にノード障害も経験し、結果としてシステム障害となりました。2012年と2013年はハードウェア障害は無かったもののシステム性能が最適ではなく、最終的にお客様満足度は低くなり、売上にも影響しました。このようなサービスではお客様の信頼を失ってしまいます。オンプレミスのデータベースを運用した厳しい経験の結果、東急ハンズは、可用性とスケーラビリティに適したフルマネージドのデータベースを探していました。
 
東急ハンズの開発チームです:
 
後列:長谷川秀樹様、小澤利治様、菅原善光様、齋藤穂様、井上泰治様
前列:三善清五様、臼井友亮様、大沢麻奈美様
 
DynamoDBによる高コスト効率で負荷から開放された運用へ
「DynamoDBとの出会いは re:Inventでした。プレゼンテーションを聞きソリューションアーキテクトと話すことでDynamoDBの機能を学び、高可用性、スケーラビリティ、運用の心配が無い、ということで興味を持ちました。Amazon.comの重要なアプリケーションや、AWSの各種サービスもDynamoDBを使っていると知り、DynamoDBを使ってみることに決めました」と、Amazon DynamoDBを使い始めた経緯を長谷川様は語ります。
 
その数カ月後、Amazon DynamoDBを使うようにECサイトを再設計しました。2014年に、新ECサイトシステムはハンズメッセのセールを迎えます。複数のアベイラビリティゾーンを使うアーキテクチャであるAmazon DynamoDBはテーブルの高可用性を実現し、ノード障害によるシステムのダウンタイムを心配する必要はなくなりました。スパイクするトラフィックも、DynamoDBのスループットをスケールアップするだけで容易に捌けました。前年と異なり、キャパシティ上限が原因でリクエストを拒否するような事もありませんでした。セールが終わると、コストを節約するためにスループットを元に戻しました。さらにコストを削減するために、スループットのリザーブドキャパシティも購入しています。
 
Amazon DynamoDBによる容易なアプリケーション開発
Amazon DynamoDBを、Amazon S3, Amazon SQS, Amazon SNSといったAWSの他のサービスと組み合わせて使うことで、新しいPOSと販売システムを構築できました。「私達のチームの多くが、もともとは店舗の販売員でした。お客様のことを詳しく知っていますので、その知識を使って素晴らしいアプリケーションをインフラを心配せずに構築してほしかったのです。AWSを使うことで、それが実現できました。」    
 
東急ハンズのアーキテクチャ図です:
 
 
まとめ
東急ハンズはAWSとAmazon DynamoDBを使うことで3つの重要な利点を経験しました:
  • 高コスト効率な運用
  • 手がかからず心配の無い運用
  • 高可用性アプリケーションを容易に開発    
皆様のビジネスを、フルマネージドなAWSのNoSQLサービスで高コスト効率・スケーラブルにする方法は、「DynamoDB ご利用にあたって」と「開発者用リソース」を御確認ください。そして、FAQページで、 DynamoDB StreamsトリガーAWS Labmdaを使ったサーバーレスプログラミングも御確認ください。
 
— アマゾン ウェブサービス ジャパン ソリューションアーキテクト
( 翻訳は松尾が担当しました。原文はこちら)

コメント

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31