« 東急ハンズはどのようにAmazon DynamoDBを使ってコスト効率の高いシステムを構築したか | メイン | AWS Config Rules Repository のリリース »

【速報】APN Partner Award 2015 受賞パートナー様を発表!

みなさん、こんにちは。Partner SA酒徳です。

本日、AWS Partner Meetingが品川で行われ多くのパートナー様が参加されました。Parnter Meetingは4半期に一度の頻度で開催されていますが、本日は2016年度初回ということで、去年1年間を通じ活躍をされたパートナー様を表彰するAPN Awardの授与式も合わせて行われました。

Partner Meetingの速報として、本日受賞されましたパートナー様とその受賞理由をご紹介させて頂きます。今年は10の賞に対し13社の受賞パートナー様が誕生いたしました。おめでとうございます!

DSC05074

APN Partner of the Year 2015

【受賞パートナー様】:アイレット株式会社

DSC00858

【受賞理由】数多くのAWS関連ソリューション、10以上の顧客事例のリリースや 積極的なメディア活動を通じ、メディア、エンターテイメント、スタートアップ企業のみならず、大手エンタープライズ企業のUnix Migrationなど更なるAWSビジネスの拡大への貢献が評価され受賞となりました。

【アワード内容】年間を通じて営業・技術・マーケテイング分野等のパートナーとしての総合力で判断し、 AWSのビジネスに最も貢献いただいたAPNパートナー様。

APN Reference of the Year 2015

【受賞パートナー様】:株式会社野村総合研究所

DSC00853

【受賞理由】世界最大級のSAP基幹システムの稼働。2015年早期の事例公開により、その後における多くのSAP案件ならびに大型基幹システム移行において顧客の導入意思決定に大きく寄与したことが評価され受賞となりました。

【アワード内容】お客様公開事例において、AWSが企業のビジネスに大きく貢献する事を示し、市場に大き な影響を与えたAPNパートナー様

APN Cloud Package Business of the Year  2015

【受賞パートナー様】:ウイングアーク1st株式会社

DSC00845

【受賞理由】SVF Cloudの運用Platformとして、信頼と可用性の向上を目的とし、AWSを全面採用。特に、Amazon Aurora・Kinesisなどの多くのサービスを積極採用頂きました。大規模ユーザ向けには大量の配送伝票を出力する案件提案が評価され受賞となりました。

【アワード内容】AWSの顧客に高い付加価値を提供した。または市場拡大に寄与したPackage on AWS または SaaSを提供したパートナー様。

APN Rookie of the Year 2015

【受賞パートナー様】日本NCR株式会社

DSC00842

【受賞理由】お客様からクラウドを利用したいとの声を早くからサービスに取り入れ、流通サービス業界において大型案件の受注を行い、昨年AWSビジネスに大きな貢献を頂きましたことを評価されたことが受賞の理由となりました。

【アワード内容】パートナー1年目でビジネス貢献度の高いパートナー様。

APN Architecture of the Year 2015

【受賞パートナー様】ハンズラボ株式会社

DSC00849

【受賞理由】AWS Lambda、Amazon DynamoDBの使い方が秀逸です。特にLambdaを利用して異なるデータストア、または役割の異なるデータストア間をうまくハンドリングしています。全体を通して一貫したデザインがされており、まさしくAWSをうまくご利用頂いたことが受賞の理由となりました。また本アーキテクチャはグローバルのAWSブログであるJeff's Blogにて紹介されていることからもアーキテクチャのレベルの高さが分かります。

【アワード内容】AWSの利用アーキテクチャがクラウド利用上優れているものの中から、最も先進的、または実用的、チャレンジングなものを選出。最も優れた導入済実績のアーキテクチャをAWSのSAが評価選定。

 

 

下記の賞はあらかじめ用意させて頂いたAPN Awardとは別に、AWSビジネスの拡大に特筆すべき活躍をされたパートナー様に特別賞として表彰させて頂きました。

APN Award 2015 Architecture 特別賞

【受賞パートナー様】株式会社ワークスアプリケーションズ

DSC00823

【受賞理由】マイナンバー対応のサービスをEC2を使わずAWSのマネージドサービスをフルに活用。既に1000社以上の企業が日々150万を超えるリクエストの処理を行っています。本来Architecture of The YearはConsulting Partner様のみが対象となりますが、この秀でたアーキテクチャが受賞の理由となります。

APN Award 2015 Reference 特別賞

【受賞パートナー様】メディアエッジ株式会社

DSC00815

【受賞理由】動画やドキュメントなどをメタ情報とともに保存し、世界中どこからでも検索、視聴、共有、購入が可能となるコンテンツ管理のためのクラウドサービスを構築。放送局のワークフローの一部をクラウドで担う先進的な事例であり、メディア業界に大きなインパクトを残したことが評価され受賞となりました。

APN Award 2015 Reference 特別賞

【受賞パートナー様】クラスメソッド株式会社

DSC00820

【受賞理由】株式会社ゲオホールディングス様にてOracle Exadata上にある数テラバイトに及ぶバッチ処理スピードの課題に対し、Amazon Redshiftを導入、これまで 7、8時間かかっていた集計/分析処理などを数分単位に短縮しお客様から高く評価。この事例はOracle Exadataや他のデータウェアハウスをお使いのお客様にAmazon Redshiftの優位性を遡及することに大きく貢献しました。

APN Award 2015 特別賞

【受賞パートナー様】CSV on AWS Team (株式会社NTTデータグローバルソリューションズ様、株式会社JSOL様東洋ビジネスエンジニアリング株式会社様、株式会社日立システムズ様、フィラーシステムズ株式会社様)

DSC00834

【受賞理由】本来競合である5社が、規制の強い製薬業界でのクラウド利用を活性化すべく、共同で厚生労働省の適正管理ガイドラインに対するリファレンスを作成頂きました。本活動は日経新聞でも取り上げられ、日本の製薬、医療機器業界でのAWSの活用がますます期待されています。

APN Award 2015 AWSサポート 特別賞

【受賞パートナー様】アイレット株式会社

DSC00837

【受賞理由】アイレット様からのお問い合わせは、パートナー様側で実施いただいた調査、検証の内容や結果、お客様の状況など詳細かつ適切に整理して報告いただけているケースが多く、AWSサポート側でもその後の調査を速やかでスムーズに進めることができました。もっとも品質の高い一次サポートを提供して、顧客満足に貢献したことを表彰させていただきます。

 

昨年は多くのパートナー様のお力沿いを得られ、AWS Japanとして飛躍の年となりました。今年も昨年以上にエコシステムの拡大、充実をテーマにパートナリングをさせて頂ければと思います。

パートナーの皆様、本当におめでとうございました!
2016年も引き続き、ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

 ------------------------------------------------- 
エコシステム ソリューション部
パートナー ソリューションアーキテクト
酒徳 知明 

 

コメント

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31