« 週刊AWS - 2016年2月8日 | メイン | 週刊AWS - 2016年2月15日 »

Amazon RDSでMySQL5.7をサポート

本日、Amazon RDSにてMySQL5.7をお使い頂けるようになりました。

このリリースでは、MySQLの多くのパフォーマンス向上、スケーラビリティ、セキュリティ向上が含まれています。その中でも重要なアップデートは:

  • JSON関数でJSONデータのネイティブサポート (JSON_ARRAY, JSON_OBJECT, JSON_QUOTE, JSON_CONTAINS, JSON_CONTAINS_PATH, JSON_EXTRACT, JSON_KEYS, JSON_SEARCH, JSON_APPEND, JSON_ARRAY_APPEND, JSON_ARRAY_INSERT, JSON_INSERT, JSON_MERGE, JSON_REMOVE, JSON_REPLACE, JSON_SET, JSON_UNQUOTE, JSON_DEPTH, JSON_LENGTH, JSON_TYPE, JSON_VALID)
  • Performance Schemaで取得出来るメトリクスの追加と改善
  • オプティマイザの改善
  • InnoDBで空間インデックスのサポート。 Boost.Geometryインテグレーション (詳細は MySQL 5.7 and GIS, an Example及びMaking Use of Boost Geometry in MySQL GISをご覧ください)
  • パラレルレプリケーションの改善。(詳細はMulti-threaded Replication Performance in MySQL 5.7をご覧ください)
  • InnoDBのスケーラビリティとテンポラリーテーブルの改善。動的なbuffer poolサイズの変更とクラッシュリカバリの改善。

その他の情報はMySQL 5.7 Release Notesをご覧ください!

 

Launching a Database Instance

AWS Management ConsoleAWS Command Line Interface (CLI)AWS Tools for Windows PowerShellやRDS API(CreateDBInstance)、CloudFormation templateを利用してデータベースインスタンスを起動出来ます。マネージメントコンソールからデータベースインスタンスを起動する方法は:

rds_con_mysql_57_launch

データベースインスタンスを起動したら、EC2インスタンスのセキュリティグループを編集し、データベースインスタンスへ接続子ます:

rds_putty_mysql_57_connect

新しいPerformance Schemaを表示してみます:

rds_mysql_57_perf_schema

数多くのMySQL 5.7の新機能を試すには時間が足りなすぎるため、是非、皆さんで新しいMySQLをお試しください!

 

本日からご利用頂けます

Amazon RDS for MySQLはUS East (Northern Virginia), US West (Northern California), US West (Oregon), Europe (Ireland), Europe (Frankfurt), Asia Pacific (Singapore), Asia Pacific (Sydney), Asia Pacific (Tokyo), Asia Pacific (Seoul), China (Beijing), South America (Brazil), and AWS GovCloud (US) リージョンでご利用頂けます。

-- Jeff (翻訳は星野が担当しました。原文はこちら)

コメント

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31