« 週刊AWS - 2016年1月4日 | メイン | 本日より – 長いEC2リソースIDが利用可能に »

カナダにAWSの新リージョンを計画中

 

 

お客様の数や規模とクラウドでの多様な異なるワークロードの増加に伴い、AWSのリージョンの追加およびローンチ予定についてお知らせします。

 

ハロー、カナダ!

カナダのケベック州モントリオールに新たにAWSリージョンを開設することについてお知らせできることをうれしく思います。このリージョンは、カーボンニュートラル(炭素中立)かつクリーンで再生可能な水力発電の電力を使用します。計画されているカナダのモントリオールリージョンは、カナダでAWSをご利用いただいているパートナーやお客様に、カナダ国内でデータの保存や他サービスを提供いたします。以前、私たちは現時点で他4つのリージョンが北米にあり( US East (Northern Virginia), US West (Northern California), US West (Oregon), AWS GovCloud (US) )、合計で13のアベイラビリティゾーンと、2016年中に稼働予定のオハイオがあります。

 

本日お伝えしたリージョン追加により、32のアベイラビリーゾーンと12の地域の異なるリージョンがワールドワイドにあるということになります。他予定されている5つのリージョンと11のアベイラビリティゾーンは、カナダ、中国、インド、オハイオ、イギリスで、来年までに順次稼働を開始します。(さらに詳しい情報はAWS Global Infrastructure のページをご覧ください。)

 

最後に、私たちは現在 また これからカナダお客様になるみなさまに、AWSのサービスをご提供できることを楽しみにしています。もちろん、現在他のリージョンを利用していて、新たにカナダモントリオールリージョンでワークロードの処理やデータの保存をしたいお客様もご利用いただけます。

 

Jeff; (翻訳は石橋が担当しました。原文はIn the Works – AWS Region in Canada) 

 

 

 

コメント

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31