« 【AWS発表】CloudSearch アップデート - 値下げ、ヘブライ語・日本語サポート改善、パーティショニング、CloudTrail対応 | メイン | 【AWS発表】EC2のリザーブドインスタンスモデルがシンプルに »

Amazon WorkSpacesのアップデートが東京リージョンで利用可能に

2014/11/9にご案内した、Amazon WorkSpacesのアップデート - バリューバンドル、ハードウェアのアップグレード、そしてOffice 2013が東京リージョンでもご利用が可能になりました。このアップデートにより、ライトユーザー向けのバリューバンドル、スタンダードバンドルのアップグレード、そしてMicrosoft Office 2013に対応いたしました。

バリューバンドル

バリューバンドルは1vCPU、2GBメモリ、そして10GBのユーザーストレージで1ユーザーあたり$34の費用でご利用いただけます。バリュープラスバンドルは同じハードウェアスペックでMicrosoft Office Professional 2010/2013が利用でき、費用は1ユーザーあたり$49です。価格は、アジアパシフィック(東京)リージョンのものとなります。その他のリージョンでの価格についてはWorkSpaces料金表のページを参照してください。

スタンダードバンドルのアップグレード

スタンダードバンドルのアップデートによって、2vCPU、4GBメモリがスタンダードバンドルで利用可能になりました。2014年末までに、スタンダードバンドルを利用している既存のワークスペースはすべて1vCPUから2vCPUに、メモリが3.75GBから4GBにアップグレードされます。

Office 2013

 すべての「プラス」バンドル(バリュー、スタンダード、パフォーマンス)でOffice 2010もしくは2013が選択可能になりました。バンドルの言語でJapanese(日本語)を選んだ場合、OSと同様にOfficeも日本語版がご利用可能です。

利用可能なリージョン

これらのあたらしいバンドルはUS East (北バージニア)、US West (オレゴン)、  ヨーロッパ (アイルランド) とアジアパシフィック(シドニー)リージョンにくわえてアジアパシフィック (東京)リージョンでも利用可能になりました。アジアパシフィック(東京)リージョンでのバリューバンドルは、月額$34からと、よりお求め安くなりましたので是非ご利用ください。

澤田/渡邉

コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c534853ef01b8d09b2de2970c

Amazon WorkSpacesのアップデートが東京リージョンで利用可能にを参照しているブログ:

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31