« 【AWS発表】 AWS CloudTrail - AWS APIコールの記録を保存 | メイン | 【AWS発表】 Amazon AppStream(アップストリーム) – クラウドからストリーミングアプリケーションを提供しよう »

【AWS発表】 Amazon WorkSpaces – デスクトップコンピューティングをクラウドで

エンタプライズ企業が従業員に対して貸与するデスクトップコンピュータが非常にシンプルであったのは一昔前のことです。共通の環境とアプリケーションをインストールされた、画一的に標準化されたデスクトップを貸与されていました。パーソナルコンピュータの黎明期には一般的であった、「全員同一環境」モデルは、今となってはユーザ要件を満たすことが難しくなっています。

エンタプライズ企業のIT部門は、様々に要求の異なるユーザに対して、デスクトップのカスタマイズをどこまで許容するのかというポリシーの策定に苦慮してきています。IT部門は、企業の機密情報を守るためにセキュリティを考慮しなければならないのと同時に、ユーザに対して、いつでも何処にいてもデスクトップやモバイルデバイスから業務を遂行できる環境を提供する必要があります。

本日発表したAmazon WorkSpacesは、エンタプライズ企業のIT部門が直面している問題を解決するサービスです。IT管理者は本サービスを使用することで、ユーザのデスクトップ環境をクラウド上に構築することが可能になります。エンドユーザはアプリケーション、ドキュメント、そしてイントラネットのリソースに、デスクトップコンピュータ、ラップトップ、iPad、そしてAndroidタブレットからアクセスできるようになります。

ではこれから、IT管理者の目とエンドユーザの目の両方からWorkSpaceが提供する機能とユースケースに関してご紹介しましょう。

WorkSpacesが提供する機能
Amazon WorkSpacesはクラウド上でデスクトップコンピューティングを実現するサービスです。非常に簡単に管理、設定が可能で、多種多様なクライアントデバイスに対応したデスクトップサービスを提供することが出来ます。

WorkSpacesのユーザは使用するデバイスに対応したクライアントアプリケーションをインストールします。そうすることで、クラウド上でのデスクトップコンピューティングとして、Windows 7エクスペリエンス、永続的なユーザディスク領域、各種アプリケーション、そして企業イントラネット上のファイルやその他のリソースへのアクセスを行うことが出来るようになります。

IT管理者は、ユーザごとに環境を設定します。その環境のベースとして、下記の4つの標準バンドルから選択します:

  • Standard - 1つの仮想CPU, 3.75Gbyteメモリ, 50 GB ユーザディスク領域
  • Standard Plus - 1つの仮想CPU, 3.75 GBメモリ, 50 GB ユーザディスク領域
  • Performance - 2つの仮想CPU, 7.5 GBメモリ, and 100 GB ユーザディスク領域
  • Performance Plus - 2つの仮想CPU, 7.5 GBメモリ, and 100 GB ユーザディスク領域

すべてのバンドルには、Adobe ReaderAdobe FlashFirefoxInternet Explorer 97-Zip、Java Runtime Environment(JRE)などのソフトウエアが含まれます。StandardとPerformanceのPlusバンドルにはMicrosoft Office ProfessionalTrend Micro Worry-Free Business Security Servicesも含まれます。IT管理者は、特定ユーザの要件に合わせて、バンドルをカスタマイズすることも可能です。

ユーザは、50から100 GBのディスク領域をWorkspaces上に持ちます。(実際の容量はどのバンドルを選ぶかによって異なります)ユーザディスク領域は、Amazon S3上に定期的にバックアップされ、99.99999999%の信頼性と、99.99%可用性をもちます。

料金は、1ユーザー、1ヶ月あたり、次のようになります。:

  • Standard - $35 / user / month.
  • Standard Plus - $50 / user / month.
  • Performance - $60 / month.
  • Performance Plus - $75 / user / month.

WorkSpacesのユースケース
Amazon WorkSpacesを少し使っていただければ、その様々な適用エリアを想像していただくことになるでしょうが、まずは、こちらのいくつかのアイディアを参考にしてください:

モバイルワーカー - デスクトップ環境へのアクセスをiPad、Kindle、Androidタブレットから可能にし、モバイルワーカーの生産性を高めます。

セキュアなデスクトップ - 厳しいコンプライアンス要件を満たしながら、ユーザに対して管理されたデスクトップ環境を提供することが出来ます。

学生やテンプスタッフ - 必要な時だけWorkSpacesを設定すれば、学生や流動的に変化する従業員、外部コンサルタントに必要なアプリケーションを提供することが出来ます。必要がなくなったら単純に停止すればいいのです。

開発者 - オンサイトあるいはオフサイトの開発者に、生産性の高いツールを提供しつつ、ソースコードなどの企業の機密情報をセキュアに保つことが出来ます。

IT管理者から見たWorkSpaces
それでは、実際にIT管理者がどのようにして新しい従業員用のデスクトップ環境をクラウド上で設定するのかをみてみましょう。 必要なすべてのタスクは、 WorkSpaces Consoleから行なうことが出来ます。:

WorkSpaceのプロファイルを選択するところからはじめます。:

名前とメールアドレスを入力し新しいユーザーを追加します。:

一度に最大5つのWorkSpaceをプロビジョン可能です。WorkSpaceは20分以内にプロビジョンされ、招待メールがユーザーに送られます。

管理者はコンソールからすべてのWorkSpacesを設定できます:

エンドユーザから見たWorkSpaces
では、エンドユーザ視点からのAmazon WorkSpacesのご紹介に移りましょう!

以上に説明したステップを管理者が実行すると、WorkSpaceが作られます。その後エンドユーザは次のようなe-mailを受け取ります:

このe-mailは、registration code(登録用のコード)と、クライアントソフトウエアをダウンロードするためのリンクが含まれます。お使いのデバイスにクライアントをダウンロードし、registration codeを入力すると、WorkSpaceを使い始めることが出来ます:

WorkSpacesは、Windows 7 desktop experienceを提供します:

永続的なユーザディスク領域は、Dドライブにマップされます:

WorkSpacesは、iPad、KindleおよびAndroidタブレットからも使用できます。Kindleでのデスクトップ体験は次のようになります。

 

バックエンドでの処理(Behind the Scenes)
AWSのサービスをご存知の方は、もしかしたら、Amazon WorkSpacesを使うと、バックエンドでは何が起こっているのかと疑問に思われるかもしれません。

セットアップの過程で、1つのVirtual Private Cloud(VPC)が作られます。そのVPCは、セキュアなVPNコネクションを使って、オンプレミスのネットワークと接続し、既存のActive Directoryやその他のイントラネットのリソースに対してアクセスすることが出来ます。

WorkSpacesはVPC内にホストされたAmazon EC2のインスタンスで動作します。EC2とクライアントとの通信は、PCoIP(PC-over-IP)プロトコルが使われます。TCPおよびUPDのポート番号4172番、およびTCP 443番の通信をクライアントに許容する必要があります。

永続的なユーザディスク領域は、定期的に、また頻繁にAmazon S3に対してバックアップされます。

WorkSpacesプレビュー
WorkSpacesプレビューに是非ご登録ください、用意が出来次第お試しいただけます。

-- Jeff;


この記事はAWSシニアエバンジェリスト Jeff BarrのAmazon Web Services Blogの記事、 Amazon WorkSpaces - Desktop Computing in the Cloudを澤田大輔が翻訳したものです。

コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c534853ef019b0108a970970b

【AWS発表】 Amazon WorkSpaces – デスクトップコンピューティングをクラウドでを参照しているブログ:

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31