« 【AWS発表】 南米 (サンパウロ) リージョンの発表 | メイン | 【AWS発表】 Virtual Private Cloudの中でネットワークインタフェースを自在にコントロールできるElastic Network Interfaceの発表 »

【AWS発表】 Amazon CloudFrontがより大きなファイルサイズ(20GB)のコンテンツ配信をサポート

今回の発表により、コンテンツ配信サービスであるAmazon CloudFrontにおけるオブジェクトのサイズがこれまで5GBであったところがが、20GBまでサポートできるようになりました。

今回の要望を出していただいたお客様のひとつはGameFly様でした。こちらでは、オンラインのビデオゲームレンタルのサービスをを提供しており、1500以上のWindowsとMacのゲームタイトル、8000以上のコンソールゲームのタイトルを抱えています。最近、GameFlyでは、新しいデジタルPCクライアント(ベータ)を発表し、その正式開始を控えて、16GBに及ぶビデオゲームのファイルを配信するソリューションが必要でした。Amazon CloudFrontを利用を検討されたようですが、これまでの5GBの制限があったわけです。もちろん、ファイルを分割して転送するやり方も視野に入れつつも、最善の方式としては、CloudFrontがより大きなファイルサイズをサポートすることでした。

こういったご要望を頂いた際に、我々が常に自問自答するのは、そのご要望がこの特定のお客様にとってユニークな要望なのか、それとも、他の多くのお客様が必要としている(良い意味での)氷山の一角なのか、ということです。

今回の件でも、他のお客様にヒアリングをすることで、より大きなファイルサイズをサポートすることが重要なのか、サポートするとしたらどれくらいの大きさまでサポートすべきなのか、を調査しました。その結果、20GBが適正なサイズであり、多くのお客様にとって、高解像度のビデオ、大きなサイズのソフトウェアダウンロードをサポートできることがわかりました。そして、この機能の開発にとりかかり、本日の発表を迎えることができました!

今回の機能を使っていただく上で、特にユーザー様にしていただく必要はありません。ダウンロード配信(HTTP)にも、HDビデオファイルのストリーミング(RTMP)にも対応しています。Amazon S3を用いたCloudFront配信でお使い頂けますし、EC2やその他既存サーバーに配信コンテンツを置いたカスタムオリジンでもご利用頂けます。

より大きなファイルを世界中に配信してみてください!ちなみに、配信可能なキャッシュロケーションはどんどん追加しており現時点で24か所になっています。

#ちなみに今回のブログ記事のもとは、CloudFrontのプロダクトマネージャーのAlex Dunlapが元記事を書いています。

玉川憲

コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c534853ef0162fde123bd970d

【AWS発表】 Amazon CloudFrontがより大きなファイルサイズ(20GB)のコンテンツ配信をサポートを参照しているブログ:

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31