« AWSマイスターシリーズ(無料Webセミナー) 11月6日 Amazon RDS | メイン | 【AWS発表】 EC2インスタンスのステータスモニタリング »

【AWS発表】 AWS Management ConsoleがAmazon Route 53をサポート

Amazon Route 53(DNSのクラウドサービス)を、AWS Management Console (Webコンソール)から利用することができるようになりました。Route 53は、1ドメインあたり$0.5と非常に定額で、SLA100%を提供するDNSです。これまでのAPI経由や、サードパーティツールのGUIにより利用できたのですが、今回の発表により、各ドメイン(Route 53では、ホスティドゾーンと呼びます)における多種のレコード(A, CNAME, MX等)を、AWSが提供するWebコンソールで利用できるようになりました。

Route 53を利用して、ドメインを登録する典型的な流れは下記になります。

  1. レジストラからドメイン名を買う
  2. Route 53でホスティドゾーンを作成する
  3. レジストラにRoute 53のネームサーバーを登録する
  4. Webサイトをたてておく
  5. Route 53でAレコードを作成する
  6. email用にMXレコードを作成する

今回は、上記の流れをひとつずつ紹介していきます。さらに、おまけとして、重みづけラウンドロビン(WRR) DNSの設定もみてみましょう!

レジストラからドメイン名を買う
まずはレジストラからドメイン名を買いましょう。登録したいトップレベルドメイン(TLD)を扱っているレジストラを選択しましょう。レジストラでドメイン名を買う手順は、レジストラによって異なることにご注意ください。日本のレジストラの一覧に関してはこちらのリンクが参考になるかもしれません。

今回の手順では、例として、cloudcloudcloudcloud.comのドメインを買うとします。その際に、DNSホスト名を登録する場面がでてきますが、そこは後ほど設定するので、現時点では、そのままのデフォルトのものにしておきます。

Route 53で、ホスティドゾーンを作成する
次のステップは、Management ConsoleのRoute 53タブから、下記のボタンを押して、ホスティドゾーンを作成します。

下記の情報を入力します。

ホスティドゾーンが作成され、このゾーンのためのネームサーバーのリスト(Delegation Set)が表示されます。

これをコピーしてとっておきます。

レジストラに、Route 53のネームサーバーを登録する
次に、さきほど取得したリストを、DNSのネームサーバーとして、レジストラに登録します。

このレジストラの例の場合は、既存のレコードを消去し、新しく得たリストを登録します。

Webサイトをたてておく
ここで、実際に名前解決を行う対象となるWebサイトをたてておきましょう。S3の静的Webホスティング機能を用いてWebサイトを立てても良いですし、単独のEC2インスタンスでWebサイトを立てる、もしくは、ELB(ロードバランサ)の後ろにEC2インスタンスでWebサイトをたてても構いません。

ここでは、EC2インスタンスを使うことにします。例えば、一つのEC2サーバーでバーチャルホスティングをしてもよいでしょう。例えば以下のようにします。

Route 53で、Aレコードを作成する
次に、Aレコードを作成します。今回は、EC2でEIP(固定アドレス)を使っていいるので、そのIPアドレスにwwwをマッピングします。

コンソールでAレコードを作りには、"Go to RecordSet"ボタンを押します。

リソースの名前にwwwを入力し、IPアドレスを入力します。

これにより、Route 53は数秒でレコードを反映しますので、www.cloudcloudcloudcloud.comをWebブラウザでみると、すでにWebサイトにアクセスできることがわかります!

email用に、MXレコードを作成する
MX (Mail Exchange)レコードは、メールをルーティングするのに用いられます。emailサーバーをEC2上でホストすることもできますし、外部のemailサービスプロバイダーを用いることもできます。今回は、外部のプロバイダーを用いてみましょう。 

Route 53では、下記のように設定します。Valueのフィールドは、用いたemailサービスプロバイダーのものを入力します。

うまく設定できると、下記の例のように(Jeff Barrがamzonから、cloudcloudcloudcloud.comにメールを送信した例)、メールを受信することができます。


重みづけラウンドロビン(WRR) DNSの設定

これまででRoute 53の基本的な使い方をみてきたのですが、ここでは、重みづけラウンドロビン(WRR)の機能をみてみましょう。WRRを用いると、トラフィックをある比率でサーバーに振り分けることができます。注意すべき点としては、ロードバランサのように実際のトラフィックを負荷分散しているのではなく、DNSの名前解決の際に振り分けている点です。

WRRを利用するには、もちろん、複数のサーバー(それぞれIPアドレスを持ったもの)を用意しておく必要があります。例えば、75.101.154.199(本番環境用)と107.20.250.2(テスト用)を利用するとします。各レコードに、3と1の重みをセットします。その重みの配分にそって、DNSルックアップの結果が戻ることになります(つまり、4分の1のみがテスト用サーバーのアドレスを返す)。

本番用 ("Production")の設定は、こちらです。

テスト用 ("Test")の設定はこちらです。

さあ、いかがでしたでしょうか?やはりWebコンソールがあると楽にRoute 53を使えますよね!

玉川憲 (@KenTamagawa)

コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c534853ef0162fc7e2792970d

【AWS発表】 AWS Management ConsoleがAmazon Route 53をサポートを参照しているブログ:

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31