« AWSマイスターシリーズ第5回資料 ELB & Auto Scaling & CloudWatch | メイン | 【AWS発表】 AWS Management ConsoleがSimple Email Serviceをサポート »

【AWS発表】 Microsoft BizSparkのライセンスをAWSクラウドで使用可能に

起業への熱い想いをもったソフトウェアディベロッパーにとっては、これほどまで素晴らしい時代があったでしょうか?オープンソースも充実し、クラウドリソースや、開発ツールは無料もしくは非常に低価格で使うことができます。昔と比べて、ベンチャーキャピタルのお世話になることも少なくなり、スタートアップの資金もそこをつきにくくなってきているといえるでしょう。

Microsoft様はAWSのソリューションプロバイダーの一つであり、Microsoft® BizSpark® プログラムを提供しています。これはスタートアップのベンチャー企業の起業家をサポートするプログラムで、Microsoftのソフトウェア開発ツールや、投資家の紹介、マーケティングのサポートなど様々な支援を行っています。この支援の一つとして、Microsoft Windows Server 2008 R2やMicrosoft SQL Server 2008 R2を含むMicrosoftのライセンスを提供しています。

今回の発表により、Windows Server、SQL ServerのBizSparkライセンスを、AWSの仮想サーバーであるEC2に持ち込んで利用することができるようになりました。EC2の時間料金には通常Microsoft製品のライセンス費が含まれているのですが、その部分を支払うことなく、EC2をお使い頂けます。言い換えると、EC2のLinux/Unixインスタンスと同じ価格体系で、Windowsインスタンスをお使い頂けます。

もし、皆様が、BizSparkのメンバーでしたら、こちらをクリックして、Microsoft BizSpark Subscriber IDをご入力ください。 より詳細は、Using BizSpark Licenses on AWS(英語)をご参照ください。

また、AWS Toolkit for Visual Studioの記事もご参考までに!

玉川憲 (@KenTamagawa)

コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c534853ef0162fbf1228b970d

【AWS発表】 Microsoft BizSparkのライセンスをAWSクラウドで使用可能にを参照しているブログ:

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31