« 【AWS発表】 日本語のテクニカルサポート開始 | メイン | 【AWS発表】 Amazon RDSのバックアップウィンドウ、メンテナンスウィンドウの時間が30分に短縮されました »

【AWS発表】 クラウドが日本に上陸: AWSの東京データセンターが開設

本日は、日本のIT業界にとっておそらく歴史的な一日となるに違いありません。私自身、この日をどれだけ待ち望んでいたでしょうか。これまで、AWSのエバンジェリストとして、ほぼ毎日(ときに1日複数回)、講演やセミナーにてクラウドの啓蒙活動を行ってきましたが、その際に皆様から必ず頂くご質問が、「日本のデータセンターを開設する予定は?」でした。今回の発表で、ようやく、お客様ご要望ダントツNo.1にお応えできるということで、非常に感慨深いものを感じながら、このブログを書かせて頂いております。



今回の発表は、世界で第5か所目のAWSのリージョンとして、東京のデータセンター(以後、東京リージョン)の開設をお伝えするものです。日本の企業の開発者は、高速で低レイテンシーのネットワークに慣れ親しんでおりますが、今回の発表により、日本のネットワークから直接、AWSのインフラストラクチャを利用することができます。

多くの日本企業が、AWSを利用して企業内のITのあり方を劇的に改善しようとしています。2006年にAWSがサービスを開始するまでは、自社のインフラストラクチャ構築に多額の費用をかけるか、データセンター事業者と長期の定額を結ぶかの選択肢しかありませんでした。しかし、AWS登場以降、多くの企業が、AWSのクラウドがもたらす価値を理解し、それを活かしはじめています。例えば、「初期投資無しで、固定資産を持たずに済む」、「調達サイクルを著しく早めてイノベーションを促す」、「ピークに応じて必要な台数だけサーバーを調達し、不要になるとすぐに手放す」、「基盤レベルの煩雑な作業を世界規模でインフラを効率運営するAWSに任し、より付加価値の高い仕事にコアリソースを集中する」といった価値です。

中小企業にとっては、このようなクラウドの価値を活かすことはもはや死活問題といえるでしょう。大企業にとっては、近年は特にグローバルレベルで戦う必要があります。競争資源の配分モデルをより柔軟にして迅速に変更したいというニーズは非常に高く、また、差別化をもたらさない業務に対しては財務上、人財上の投資を避けるのが当然になりつつあります。今回の東京リージョンの発表は、企業の規模に関わらず、AWSの日本での利用をより促進し、企業内、組織内、チーム内のIT革新の速度が早まることでしょう。

また、東京リージョンを利用することで、コンプライアンスや規制上の要件(例えば、データの国内保存)を満たす必要があった企業にとっても、その認証をより得やすくなるでしょう。御存知のように、東京リージョンで作成されたデータは、東京リージョンの中から動くことはありません。

日本のお客様へのもう一つの大きなニュースとして、東京リージョンの開設に伴い、「日本語でのテクニカルサポート」を正式に開始します。ベーシックサポートは無料のサポートでフォーラムを通じて日本語の技術サポートを提供します。プレミアムサポートは有料サポートとなり、24時間の電話サポートも含めた4種類のメニューを用意させて頂いております。詳細は、ブログ記事「日本語のテクニカルサポート開始」をご参照ください。


さて、東京リージョンが提供するサービスについて、もう少し詳細に見てみましょう。

新しいリージョンでは、Amazon EC2 (Elastic IP AddressesAmazon CloudWatchElastic Block StorageElastic Load BalancingAuto Scaling)、Amazon S3Amazon SimpleDB、Amazon Relational Database Service、Amazon Simple Queue Service、Amazon Simple Notification Service、Amazon Route 53Amazon CloudFront、AWS CloudFormationが提供されます。

AWS Elastic MapReduce、AWS Elastic Beanstalk、AWS Import/Exportは現時点では提供されていません。EC2インスタンスタイプに関しては、Cluster ComputeとCluster GPU以外の全てのEC2インスタンスタイプを提供しています。上記の画面キャプチャは、AWS Management Console上でリージョン(Region)を選択する際の画面になりますが、Asia Pacific (Tokyo)が含まれているのを見て頂けます。

東京リージョンの料金につきましては、上記の各サービスの詳細ページにて料金情報を提供しています。基本的に、料金は他のリージョンと比べてほぼ同等もしくは微増(注:東京リージョンの料金は5%の税込み表示)となっています。


さて、皆様のことですから、東京データセンターのパフォーマンスが気になると思いますが、すでに、複数のお客様に東京データセンターのテストを実行して頂いたところ、レイテンシーに関しては1桁代!(数ms)をご報告頂いており、実際にお話しさせて頂いた方々に非常に満足頂いております。すでに、この東京リージョンをお使いのお客様もいらっしゃいます。例えば、ジンガ ジャパン様は、mixiアプリとして「ファームビレッジ」と「トレジャーアイランド」を東京リージョンの上で稼働されています。

今回は、待ちに待った東京リージョンの発表ができて非常に嬉しく思っております。もちろん、以前発表させて頂いた、無料利用枠も他のリージョン同様、東京リージョンでお使い頂くことができます。是非、東京リージョンを用いて、無料でAWSを用いたプロジェクトをスタートしてみてください。

開発者の皆様にとって、AWSを使い始めるのは非常に簡単です。AWSのアカウントを作成すれば後はセルフサービスで、いつでも、好きなだけ、安価にご利用頂けます。ご利用にあたっては下記のページが参考になります。

AWSホームページ(日本語)
AWSブログ(日本語)
JAWS-UGホームページ(日本の公式ユーザグループ)
AWSアカウント開設EC2起動のSlideShare資料
AWSガイドブック(日本語訳、右がその拍子)
AWSの利用料金見積もりツール
 (Simple Monthly Calculator)

また、企業において大規模にAWSを利用される場合に、弊社の営業サポート、技術サポートが必要な場合は、こちらからご連絡くださいませ。


さあ、ITのニューワールドへ。ようこそ、日本の皆様!!

玉川憲 (@KenTamagawa)

 

 

 

 

 



 

 

 

コメント

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31