« 【AWS発表】 Amazon CloudWatchをAWS Management Consoleがサポート | メイン | 【AWS発表】 Amazon RDS: MySQL 5.5が利用可能になりました »

【AWS発表】 Amazon RDSがOracle Database 11gをサポートします

AWSが皆様にとってより良いサービスを提供できますように我々は継続的な改善を行っております。その一環として、本日は、Amazon Relational Database Service (RDS)がOracle Database 11g Release 2をサポートする予定であることを発表させて頂きます。2011年の2Qのはじめを目処にサービス開始致します。

Amazon RDSを用いると、リレーショナルデータベースの作成、管理、拡張を非常に簡単に行えます。設備投資やハードウェア、OS、バックアップのためのテープ、パッチのレベルなどを気にする必要がありません。数千の開発者がすでに複数のバージョンのMySQLをRDS上で用いています。今回の発表により、AWS Management ConsoleのRDSタブ、コマンドラインツール、RDS APIsが、すでにサポートしているMySQLに加えて、Oracle Databaseをサポートするようになります。

現時点では、Amazon RDSはMySQLのみをサポートしていますが、Oracle Databaseをサポートするようになると、データベースソフトをメンテナンスする管理上のオーバーヘッドやコストを削減し、リカバリーのための継続的なバックアップを行い、Amazon CloudWatchにより重要な管理上のメトリクスを取得できます。AWS Management Console上でクリックするだけで、データベースの処理スペック(CPU、メモリ)を変更することができ、ストレージのキャパシティを増やすことが可能です。 現時点でRDS上のMySQLで使用可能なコンセプト、例えば、バックアップウィンドウ、パラメーターグループ、DBセキュリティグループなどもRDS上のOracle Databaseで使えるようになる予定です。

Oracle Database 11gのライセンス料金は幾つかの方法が用意されています。

もし、何もライセンスをお持ちでない場合、時間単位でOracle Database 11gのライセンスを支払い可能なので、初期投資や長期のコミットメントは不要です。時間課金レートはOracle DatabaseのエディションとDBインスタンスのサイズに依存します。もちろんリザーブドDBインスタンスを購入することで、時間課金レートを下げることも可能です。

もしすでにOracle Databaseのライセンスをお持ちの場合は、それをクラウドに持ち込みご使用頂くことが可能です。追加のライセンス料金やサポート料金は必要ありません。

この柔軟な料金形態を持った新しいオファリングは、あらゆる規模の企業にとって興味を持って頂けると思います。

もしより詳細について知りたい場合は、Oracle Database on Amazon RDS(英語) をご参照ください。サインアップすることで、このサービスが開始されたときに通知を得ることができます。もちろん、Oracle Databaseのサービスが開始される前に、現在のMySQLをお使い頂いてRDSの詳細を学んで頂くこともできます。是非、お使いになってみてください!

玉川憲
Twitter: @KenTamagawa

 

コメント

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31