« 【AWS発表】 Amazon Simple Email Serviceの発表 | メイン | 【AWS発表】 Amazon RDSがOracle Database 11gをサポートします »

【AWS発表】 Amazon CloudWatchをAWS Management Consoleがサポート

AWS Management Console(以下、コンソール)が、 Amazon CloudWatchの新しい機能 をサポートするようになりました!CloudWatchはAWSが提供する監視機能であり、先日の発表により5分間隔の監視は無料になっています。今回は、WebUIからこのCloudWatchの設定ができるようになりました。

コンソールを開くと、CloudWatchの新しいタブがあるのに気付くと思います。その中で、EC2インスタンス、EBSボリューム、RDS DBインスタンス、ロードバランサ(ELB)の全てのメトリクスを取得することができます。また、そのコンソールの中で様々なメトリクスに基づいてグラフ化することもできます。

また、CloudWatchアラームに関しても、ウィザードを使って、アラームを作成、管理が可能になっています。ウィザードを通して、メトリクスの選択、スレッショルド(閾値)の設定、Amazon Simple Notification Service(SNS)を用いた通知機能の設定など行うことができます。アラームにおいては3種類のステータス(OK、ALARM、INSUFFICIENT DATA)を決められるようになっています。また、コンソールの中で、このステータスでフィルタリングして、あるステータスのアラームのみを見ることも可能です。

簡単に画面を見て行きましょう。

ダッシュボードでは、アラームとメトリクスの概要、そして重要なメトリクスを表示しています。

全てのメトリクスにアクセスすることができます。

メトリクスを表示する際に用いる時間間隔も指定できます。

Create Alarmウィザードを用いると新しいアラームを作成できます。アラームは、個別のメトリクスに対しても、集約したメトリクス(aggregated metrics)に対してもセットすることができます。例えば、EC2インスタンスのうちのいずれかで高いCPU負荷あった場合にアラームを上げることもできますし、平均負荷が高くなったときにアラームをあげることも可能です。いずれにせよ、最初のステップとして、いずれかのメトリクスを選択します。ここではCPUUtilization(CPU負荷)を選択します。

次のステップは、スレッショルド(閾値)や期間を選択することです。アラームはここで指定した期間の中で、指定したリミット値を越えた際に発生します。指定する期間は、サンプリングの期間よりも長い期間を設定する必要があります(無料のCloudWatchを使用すると5分間隔)。

例えば、下の画面におけるアラームは、CPUUtilizationメトリクスが5分間以上に渡り0.8を越えた際にアラームが発生します。グラフ内の赤い線はスレッショルドを示し、青い線は現在の値を示しています。

次のステップは、アラームが発生したときにとるべきアクション(もしくは複数のアクション)を定義することです。アクションにより、Amazon SNSを使用して通知を行うこともできますし、Auto Scalingのポリシー(例えば、サーバーを1台増やす、等)を実行することもできます。

もしSNS通知を選んだ場合は、既存のトピックを選択することもできますし、新トピックを作成することもできます。この場合、このトピックを購読するEメールアドレスを登録して、送られてくるメールの中で認証を行う必要があります。

コンソールの中では、存在しているアラームの全ての情報を見ることができます。

実際に、アラームが発生した場合に受け取るEメールの例がこちらです。

これまでご覧いただきましたように、このClaudWatchに対するコンソール機能により、AWSリソースの監視を容易にし、何か問題が起こったときにすぐさまアクションを起こすことが可能となるに違いありません。是非皆さま、使ってみてください!

玉川憲
Twitter: @KenTamagawa

コメント

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31