« AWS Elastic Beanstalkに対するAWS Management Consoleサポート | メイン | AWS Elastic Beanstalk API、Command Line Tools(コマンドラインツール) »

AWS Elastic BeanstalkのEclipseインテグレーション

AWS Elastic Beanstalkアプリケーションは統合開発環境であるEclipse IDEの上から、作成、テスト、デバック、デプロイが可能です。最新のAWS Toolkit for Eclipse は、新しいプラグインを含んでおり、それにより、JavaアプリケーションをEcliseの中から、AWS Elastic Beanstalkにデプロイできます。このツールキットは、AWS SDK for Javaを含んでいるので、EC2、SimpleDB、AWS Elastic Beanstalkを用いた管理が容易になります。アプリケーションをローカルで開発してElastic Beanstalkに持ち込めますし、もちろん、開発の段階からElastic Beanstalk側で行うことも可能です。

まずは、ツールキットのインストールから見て行きましょう。EclipseのHelpメニュからInstall New Software... を選択します。

サイトのHTTPに、こちら http://aws.amazon.com/eclipse/ を入力する必要があります。これを終えると、Eclipseは選択したコンポーネントのインストールを行います。 インストールを終えたときに、Eclipseの再起動が必要です。

AWS Toolkit for Eclipseが、下記のようにメニューの中のAWSロゴから使用可能になります。

次に、AWS Java Web Projectを作成してみましょう。AWSリソースをコントロールするので、AWS Access Key IDと、Secret Access Keyを入力する必要があります。空のプロジェクトからはじめることもできますし、もしくは、AWSがあらかじめ準備しているTravel Logと呼ばれるサンプルアプリケーションから開始することもできます。ここでは、Travel Logを選択します。

これで、Eclipse上にプロジェクトが作成されました。

ここから、AWS Elastic Beanstalkを、アプリケーションを走らせるサーバーとして設定していきましょう。設定は非常に簡単で、サーバータイプとして、AWS Elastic Beanstalk for Tomcat 6を選択し、AWSのリージョン選択をし(AWS Elastic Beanstalkは現時点では最初のリリースとして、US East (Northern Virginia)のみで使用可能です)、名前をアプリケーションと環境に設定します。オプションで、キーペアの設定、SSL証明書ID、CNAME、ヘルスチェック、通知のためのemailアドレスも設定できます。

AWS Elastic Beanstalkで、特定のバージョンのアプリケーションを走らせることになるので、そのバージョン名を指定しておく必要があります。 Eclipse Toolkitは、デフォルト名を提示してくれるので、それを使うのも良いでしょう。

Travel Logアプリケーションが起動します。Eclipseからそれを見ることも可能です(JavaScriptが必要です。また、通常のWebブラウザのほうが見栄えがいいのは否めませんが)

このTravel LogアプリケーションはEC2上で動き、オリジナルとサムネイル化された画像をAmazon S3上に保存します。各画像の情報とログをAmazon SimpleDBに保存し、Simple Notification Service(SNS)を利用して通知メールも送ります。是非、サンプルコードを眺めてみて、皆様のアプリケーション構築に役立ててください。

さて、いかがでしたでしょうか?AWS Toolkit for Eclipseのツアー、楽しんでいただけたでしょうか?Eclipse使いの人にとっては、非常に取り組みやすいと思いますので、是非、AWS Elastic BeanstalkをEclipseからお楽しみください!!

玉川憲
Twitter: @KenTamagawa

コメント

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31