« AWS Elastic Load BalancingのSSL Terminationに対して追加機能(HTTP/HTTPSプロトコル判別)の発表 | メイン | なんということでしょう!Amazon S3がさらに値下げを発表 »

無料のクラウドリソース登場: アマゾンクラウド(AWS)が無料ティア(無料使用枠)を発表

覚えている方もいらっしゃるかもしれませんが、昨年、我々はAmazon SQSAmazon SNSAmazon SimpleDBに無料ティア(無料使用枠)を設けました。我々はこの経験から、アマゾンクラウドサービスを使ってみたいという開発者の皆様にとって、まず最初は料金を支払うことなく開始できる、という点が非常に好ましく、重要である、ということを学びました。ちなみに、多くの場合、開発者の皆様は、立派なアプリケーションをその無料ティアの範囲内で作成されておりました。

本日、AWSは、より大きな一歩を踏み出します。この発表に、皆様は驚かれるに違いありません。

本日(2010年11月1日 - US時間)をもちまして、AWSは全ての新規AWS開発者にむけて、新しい無料ティアを発表します。(既存の無料ティアとあわせて)下記のサービスを『毎月』無料で利用することができます。

  • 750時間分の仮想サーバ(Amazon EC2 マイクロインスタンス、かつLinuxベース(注1)) - つまり一ヶ月間連続運用していても問題ない時間ということです
  • 10 GB/月の仮想外部ディスク(Elastic Block Storage)、1 GBのスナップショットストレージ(EBSのバックアップ)、100万回のI/Oリクエスト
  • 750時間のロードバランサ(Elastic Load Balancer)、15 GBのデータ転送量
  • 5 GB/月の仮想ストレージ(Amazon S3)と、2 万回のGETリクエスト、2 万回のPUTリクエスト
  • 15 GBのインターネットデータ送信、15 GBのインターネットデータ受信
  • 10 万回のAmazon SQSリクエスト
  • 10 万回のAmazon SNSリクエストと、10 万回のHTTPメッセージと1000回のemailメッセージ
  • 25時間のAmazon SimpleDBのマシン容量と、1 GBのストレージ

    注1)追記(2010/11/4)&修正(2010/11/08): EC2インスタンスを立ち上げる際にAMI(仮想マシンイメージ)を選択しますが、課金型AMI(paid AIM)には、今回の無料ティアは適用されませんのでご注意ください。つまり、Amazon Linux AMIsや、他の非課金型Linux AMI(non-paid Linux AMI)は、無料ティアの中で使えます。SUSE Linux AMI、IBM AMI、MS Windows AMI、RHELは課金型AMIですので、無料ティアの枠の中では使えません。


言い換えますと、非常に有用かつ機能的なWebアプリケーションを作成し、フルタイムに運用するのに十分な全てのAWSクラウドサービスを、無料!で得られるということです。 AWSマネジメントコンソール(AWS Management Console、Webベースの管理ツール)と、オートスケーリング(Auto Scaling)はもちろん無料です。

はじめるにあたって、開発者の方々は、AWSにお歳暮を送り、AWSステッカーを愛用のパソコンに張り、このニュースについてブログを書いたのちに、  AWSのアカウントを作成してください。この際、万が一、毎月の無料ティアを超えてしまったときのために、クレジットカードの情報を登録していだくことが必要です。

無料ティアは実際にアカウントを作られたその日から体感することができ、アカウント作成日から1年経ったときに無効になります。一人のお客様につき、一つのアカウントに限らせていただいております。AWSのユーザーグループであるJAWS-UGでは、アカウント作成の方法などの日本語ドキュメントも公開されています。また、分からないことがあればフォーラムで質問して戴くことも可能です。

実際にAWSをご利用頂ければ、初期費用不要&従量課金&ビジネススピードを高める、本物のクラウドサービスというものがどういうものなのか、ご理解いただけると思います。皆様が、AWSを用いて、非常に価値のある体験をして頂けることを願っております!!

AWSは、皆様がこの無料ティアをどのようにご利用になられるか非常に楽しみにしております。この発表から今週のうちに、一体どういったことが起こるでしょうか?もし、すごく素敵なツールやアプリケーション、もしくは素晴らしいWebサイトなどを、無料ティアのみを使って作られたら、是非、今週末(日曜)までにご連絡ください。このブログにコメントして頂いても構いませんし、私のTwitter(@KenTamgawa)にメッセージ頂いてもよいです。ご連絡を楽しみにしております!!

 

玉川憲
Twitter: @KenTamagawa

 

コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c534853ef0133f546c374970b

無料のクラウドリソース登場: アマゾンクラウド(AWS)が無料ティア(無料使用枠)を発表を参照しているブログ:

Featured Event

2016年3 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31